%e7%84%a1%e9%a1%8c2

様々な健康効果があって、ダイエットにも効果が高いとよく知られている『アボカド』。

アボカドの中には、様々な種類の栄養素がバランスよく含まれています。そのため、健康維持・ダイエットにおススメの果物として人気があるのですね。

でも、1つだけ注意しておきたいこと、それは、『アボカドの食べ過ぎ』ということなんです。

食べ過ぎと1口に言っても、アボカドは果物ですから、どの程度が食べ過ぎなのか、なぜ食べ過ぎはよくないのか、気になるところですよね。

実際、アボカドにはどのような栄養や効能があるのか、そして、食べ過ぎてしまうことの何がいけないのか、見ていく必要がありそうです。

ここでは、『アボカドのすべて!様々な栄養と効能、そして、食べ過ぎ危険の理由』について、お話します。

【スポンサードリンク】

アボカドのいいところ

アボカドが、健康維持・向上、ダイエットなどの体重管理に選ばれる、その栄養素や効果を見ていきましょう。

アボカドに含まれる栄養

アボカドに含まれている栄養は次の通りです。

  • 食物繊維・・・整腸作用・美容効果が高い
  • 鉄・・・赤血球を作る
  • カリウム・・・体内の余分な水分の排出をする
  • ビタミン(B,A,B1,B2,B6,C)・・・肌の調子を整える・疲労回復・免疫力の向上など
  • カルシウム・・・骨の強化
  • マグネシウム・・・酵素の働きを助ける
  • リン・・・骨や歯を形成する
  • 亜鉛・・・免疫力の向上
  • 銅・・・赤血球を作る

これだけの栄養があれば、それぞれの働きを見ても、健康の維持・向上、そして、ダイエットにも効果があるのがわかりますよね。

 

アボカドの健康効果

それでは、具体的にアボカドにはどのような健康効果があるのかをみていきましょう。

  • 利尿作用
  • 高血圧の予防
  • 動脈硬化の予防
  • 脳こうそくの予防
  • 心筋梗塞の予防
  • がん予防
  • 便秘の予防

カリウムによる血圧を下げるはたらきが高血圧をはじめとする血流が関係する疾患を防ぐ効果があります。

また、アボカドの20パーセントを占める脂肪分である、オレイン酸は、悪玉コレステロールを減らす働きがあるので、動脈硬化・がんの予防につながっています。

 

このように、ここでご紹介した効果のほかにも、アボカドには様々な健康効果があります。

 

【スポンサードリンク】

食べ過ぎ注意!もうひとつのアボカドの特性

アボカドのもう1つの特性。それは、脂質を多く含む果物ということなんです。

アボカドの脂質は、先ほどお話ししたオレイン酸が主となり、リノール酸、リノレン酸でできています。植物性の脂肪で、良質なたんぱく質を多く含んでいます。

このような特性から、栄養補給などにはおすすめのアボカドですが、食べ過ぎてしまうことにはデメリットも伴ってくるわけです。

 

目安にする摂取量

アボカドの効果を最大限に発揮できる摂取量は、

           1日  1/4~1/2個   

が目安となっています。

摂取しすぎたらどのような症状がでるの?

  • ニキビができる
  • 尿たんぱくの数値が上がる
  • ダイエットが失敗する

脂肪分が高いので、摂取の仕方によっては、肌荒れや、体重増加を招いてしまっても仕方ありませんよね。

そして、脂肪分にタンパク質が多く含まれているので尿にでてしまっても不思議ではありません。

 

 

このように、アボカドが健康向上、ダイエットに効果が高いといわれてはいますが、やはり、なんでも『ほどほどに』というのが大前提ですよね。

もし、アボカドでダイエットをしていて、うまくいってない場合には、摂取の仕方を見直してみる方がよいかもしれません。

 

どの食べ物も同じですが、適量を守って、他の食材とバランスよく摂取することが、その効果を最大限に発揮できることといえるでしょう。

 

 

 

 

【スポンサードリンク】