美脚あなたは、デリケートゾーンの悩みを抱えていませんか?

特に女性は、デリケートゾーンの悩みを人に言えず、痛みや、かゆみを我慢してしまう方が少なくありません。

『今回は、女性のデリケートゾーンの痛い吹き出物(ニキビ状の出来物)などの出来る原因についてお話ししていきます。』

【スポンサードリンク】

デリケートゾーンの痛い吹き出物(ニキビ状の出来物)などの出来る原因

➀細菌感染

➁ウイルス感染

③癌

④脂肪腫

⑤炎症

などです。

毛嚢炎

デリケートゾーンに限らず出来るニキビ状の吹き出物に、毛嚢炎「もうのうえん」があります。

毛嚢炎は、炎症、細菌感染で発症します。

細菌やウイルスは、湿度や温度の保たれている場所、例えば靴を履いてる靴下の中などのような状態の場所を好んで繁殖します。

この時、傷など細菌が、体の中に入り込む場所があると、体の中でも繁殖してしまいます。

デリケートゾーンも、下着を身につけ温度を保たれていていますね。

汗をかけば、湿度も出来ます。

そのため細菌の繁殖に好条件となり得ます。

特に女性は、生理時に、ナプキンを装着し、長時間ナプキンの交換が出来なければ細菌が繁殖しやすくなります。

この時、デリケートゾーンに傷などがあると、細菌が進入して増殖してうまうのです。

もし、毛嚢炎になってしまっても、軽度なら痛みもなく自然に治ることもあります。

しかし、毛嚢炎は時に、痛みや、かゆみ、膿などの症状を引き起こしてしまうため注意して下さい。

【スポンサードリンク】

自浄作用

実話は、膣には自浄作用があります。

自浄作用により、膣内を正常に保つ役目を果たしてくれているのです。

この作用の低下は、炎症や、感染症の原因になります。

自浄作用の低下の原因も、色々あります。

その中でも特に気をつけたいことは、洗いすぎです。

デリケートゾーンを石鹸でゴシゴシ洗ってしまうと、せっかくの自浄作用が失われ、感染症などの原因を引き寄せてしまうことに。

また、エッチの後には、感染しやすい状態となっています。

忘れずに、エッチの後には、排尿をすること。

そうすれば細菌感染の予防にもなります。

また、排尿、排泄後は、排尿後の方向から排泄後の方向へ向かって拭くことを忘れないで下さいね。

ウォシュレットを利用するのもお勧めです。

どちらも感染を予防する効果があります。

抵抗力

細菌感染、ウイルス感染どちらにしても、細菌や、ウイルスに対する抵抗力が必要です。

抵抗力が落ちる原因には、不規則な生活や、暴飲暴食と言った食生活の乱れ、栄養不足、薬の副作用など色々あります。

最後に

なかなか治らない出来物に、一人、悩んで心配するよりも、早めに医師の診察を受けて下さい。

塗り薬で、簡単に治る出来物もありますから。

もしも、感染してしまう出来物なら、パートナーに感染してしまう可能性もあります。

逆に、パートナから感染することも。

お互いの健康管理に気を付けて下さいね。

パートナーと、お互いのデリケートゾーンに触れる場合には、特に爪で傷をつけてしまわないように注意して下さい。

 

 

【スポンサードリンク】