%e7%84%a1%e9%a1%8c『生後8ヶ月になる赤ちゃんがハイハイしない!』

初めての出産に初めての育児、我が子の成長に、喜んだり驚いたり、ときには不安になったり、悩んだりしますよね。

赤ちゃんが生まれてから最初の1年間は、本当にとても大きな成長を遂げ、あっという間に時間が過ぎていくのではないでしょうか。

そんな育児中のお母さんが不安になることの1つにあるのが、『赤ちゃんのハイハイ』。一般的に、赤ちゃんがハイハイするのは、およそ生後8か月頃とされています。

母子手帳や健康診断の問診にも項目があるため、赤ちゃんが生後8か月を過ぎてもハイハイしないと心配になるお母さんが多いんです。

生後8か月を過ぎてもハイハイをしない赤ちゃんに、『足腰が弱くなってしまうのではないだろうか』『このまま歩かないのではないだろうか』『何かの発達障害なのかもしれない・・・』と悩んでしまうお母さんもいるのです。( p_q)エ-ン

そんな不安いっぱいのお母さんへ向けて、ここでは、『生後8ヶ月になる赤ちゃんがハイハイしないとき・・・発達障害との関係性はあるのか?』について、お話しします。

【スポンサードリンク】

ハイハイをしない!シャフリングベビーとは?

筆者には息子と娘がいます。息子は生後6ヶ月を過ぎた頃からずりばいを始め、生後7ヶ月にはハイハイ、歩くのも早く1歳前に歩き出したのをよく覚えています。一方の娘はと言うと、基本的に寝返りはしません。ハイハイもしません。『できない』というよりは、『する気がない』と言った方が正しいような様子でした。歩くのも遅く、1歳半を過ぎた頃だったと思います。
筆者の娘のように、乳児期後半でハイハイをしない子や立ち上がらない子のことをシャフリングベビーと言います。

シャフリングベビーの特徴は次の通りです。

  • 歩き始めるのは1歳半から2歳
  • うつ伏せになるのを嫌がる
  • 寝返りはしない
  • ハイハイもしない
  • 座ったまま移動しようとする
  • 抱いたときでも空中でお座り姿勢
  • 言葉が遅い
  • 両親のどちらかがシャフリングベビー
  • 首がすわる時期、おすわりする時期は一般的な月齢

筆者の娘は、この項目全てには当てはまりませんが、ポツポツと当てはまる項目があります。

 

結論から言うと、このハイハイをしないシャフリングベビー、基本的には発達障害を疑う必要はありません

本人の性格や環境、成長のタイミングでハイハイをするのが遅れていると考えられます。

実際、ハイハイをしない子がそのまま歩き出すことも珍しいことではありません。

足腰の強さに影響があるの?

『ハイハイをしない子は足腰が弱い子になる』と聞いたことがありませんか?筆者は、娘がなかなかハイハイをしないため、親族からよく言われました。

調べてみると、ハイハイすることが、足腰を強くなる・弱くなるということに影響がないそうです。

それは、ハイハイをしなかったとしても、歩き出せば足腰が鍛えられるからなんです。

 

このように、ハイハイをしない赤ちゃんが発達障害とは一概に言えません。足腰にも影響はありません。
では、どのような様子がみられたら発達障害を疑うべきなのでしょうか?

【スポンサードリンク】

発達障害を心配するお母さんへ

なかなかハイハイをしない我が子に心配しているお母さん、どのような様子が見られたら発達障害を疑うべきか知っておくとよいでしょう。発達障害を疑う様子は次のとおりです。

  • ミルクをあまり飲まない
  • 泣き方が非常に弱い
  • 声掛けしたときの反応が悪い
  • 言葉の理解が遅い
  • 手や指の動きが鈍い
  • 表情が乏しい

主にこのような様子が見られたら小児科へ相談してみると良いでしょう。

 

現代社会、発達障害という言葉が多く出回っているため、ちょっとした子供の仕草で心配になるお母さんは多いと思います。

筆者もその一人です。

ハイハイだけに限らず、言動や行動を見るだけで発達障害が頭によぎることはたくさんあるでしょう。

心配になった時には、抱え込まず、小児科や保育園・幼稚園の先生、学校の先生に相談してみると良いでしょう。

子供の個性は子供の個性。すべてが発達障害ではありませんよ!どんと構えて、育児ができる環境がとても大切ですね。

┌(・。・)┘♪└(・。・)┐♪┌(・。・)┘ゲンキガ1バン┌(・。・)┘♪└(・。・)┐♪┌(・。・)┘

【スポンサードリンク】