%e7%84%a1%e9%a1%8c赤ちゃんの頭皮にフケがでて気になっているお母さんはいませんか?特に生後2ヶ月や3ヶ月頃の赤ちゃんは、頭皮にフケが出やすいとされています。

新生児の赤ちゃんの頭皮にでてくるフケは、主に乾燥が原因となっておりますが、乾燥とは逆に皮脂の分泌量が原因となっている場合も多くあります。

ただ、赤ちゃんの頭皮トラブルは、生後2ヶ月や3ヶ月頃が多いとされていますが、実は、生後3ヶ月以降の赤ちゃんでも、頭皮のフケに悩むお母さんが少なくありません。

ここでは、『新生児期の赤ちゃんの頭にできるフケ、その原因と対策方法』について、お話しします。

【スポンサードリンク】

新生児の頭皮のフケの原因は??(゚_。)?

新生児期に起こる頭皮のカサカサは実はフケではないんです。フケではなく何なのか、頭皮にできるカサカサの原因のほとんどが湿疹なんです。そして、その湿疹ができてしまう主な原因は、乾燥と皮脂。

新生児期の頭皮に湿疹ができるのは、次の2つからです。

  1. 乳児脂漏性湿疹
  2. 乳児乾燥性湿疹

乳児脂漏性湿疹(にゅうじしろうせいしっしん)

乳児脂漏性湿疹とは、主に生後3、4ヶ月までの新生児に多いとされています。

乳児脂漏性湿疹の特徴を見ていきましょう。

①原因

新陳代謝が盛んなため、皮脂が出やすい毛穴が発達していないためつまりやすい。

②部位

頭おでこ頬を顔全体

③状態

クリーム色のかさぶたカサカサフケのようなもの

このように乳児脂漏性湿疹の大きな原因は、皮脂です。

毎日しっかりと洗って綺麗にするようにしましょう。ただし皮脂が原因と言っても一日に何度も洗ってしまっては、乾燥を招いてしまい逆効果です。

1日に1回よく泡立てた石鹸でしっかりとていねいに洗うということを心がけてください。

乳児乾燥性湿疹(にゅうじかんそうせいしっしん)

乳児乾燥性湿疹とは、生後4ヶ月頃から多いとされ、主な原因は乾燥です。

では乳児乾燥性湿疹の特徴を見ていきましょう。

①原因

皮脂の状態が落ち着く急激な乾燥肌になる

②部位

頭とお腹

③状態

とにかくカサカサ

このように、乳児乾燥性湿疹の原因は乾燥なので、洗いすぎないということがとても大切です。

そして、乾燥しないようにベビーローション・クリーム・オイルなどでしっかり保湿してあげましょう。

乾燥を放っておくと、強いかゆみが出るので赤ちゃんの機嫌を悪くなってしまいます。日々のケアで対処できるので、早め早めに、保湿をしましょうね。

【スポンサードリンク】

赤ちゃんの肌トラブル対策  φ( ̄ー ̄ )メモメモ

肌のトラブルは、大人でも辛いものです。赤ちゃんは辛さを言葉に変えて発信することができないので、お母さんが気づいてあげましょうね。乾燥による肌トラブルの対策は次のとおりです。

低刺激シャンプー洗いすぎない保湿紫外線対策早めの病院

まずは、刺激が強すぎないシャンプー選びから始めましょう。そして、洗うのは1日1回ですよ!洗った後の保湿も忘れてはいけません。

他にも、外に出かける時には紫外線対策をしましょう。

皮膚のトラブルは、放っておくと治療が困難になってきます。肌の異常を見つけたら早めに病院へ行きましょうね。

(^^)(–)(^^)(–)ウンウン

【スポンサードリンク】