美脚

いよいよ夏本番。夏のファッションを楽しむために気になるのが、『美脚』ですよね。

でも、細いだけでは美脚とはいえないことをご存知ですか?

また、脚痩せのダイエットにはストレッチが効果的とも言われています。

今回は、『脚痩せストレッチで、美脚に近づくダイエット法』をお伝えいたします。

【スポンサードリンク】

美脚の条件とは

まず、美脚とはどういったものなのかを見てみましょう。

太もも:ふくらはぎ:足首=5:3:2

太ももの付け根、ふくらはぎの1番太いところ、足首のサイズの比が5:3:2になっていることが美脚に見える割合とされています。

足をそろえて立ったときに、太ももの付け根・ひざ・ふくらはぎ・くるぶしの部分がピッタリくっつくといったイメージです。

つまり、足痩せに力を入れすぎて細くなりすぎてしまうと、美脚からは離れてしまうのです。考え方としては、『健康的な美しい脚』を目指すことがよいでしょう。

また、身長に合わせてそれぞれの部分におけるサイズの目安を計算することができます。

  • 太もも   身長×0.3
  • ふくらはぎ 身長×0.2
  • 足首    身長×0.12

1度サイズを測ってみるとよいでしょう。

脚太りの原因

次に、脚太りとなる主な原因をみてみましょう。主な原因は3つです。

  1. むくみによるもの
  2. 脂肪太りによるもの
  3. 筋肉太りによるもの

むくみによるもの

筋肉の低下によって、足の循環機能が衰えることによるむくみが原因です。

さわってみて痕が残るとき、左右で足の太さが違うとき、日によって足の太さが違うときなどはむくみが原因であると考えられます。

脂肪太りによるもの

つま先立ちをして硬くなっている部分が筋肉、やわらかいところが脂肪です。つまめるくらい脂肪があれば、脂肪をなくすことで足が痩せるでしょう。

筋力低下により、脂肪の燃焼効率が落ちてしまったことが原因です。

筋肉太りによるもの

もともと筋肉があったところで運動をしなくなると、筋肉が維持されたまま、皮下脂肪が増えます。

この場合は、長期間にかけて根気よくマッサージをしつつ、有酸素運動でゆっくりじっくり皮下脂肪を落としていく方法がようでしょう。

【スポンサードリンク】

原因別の脚痩せストレッチ

むくみ太りの場合におすすめのストレッチ

その1

  1. 仰向けに寝る。
  2. 両足を上げ、足の裏を天井にむける。
  3. 足首・太ももを前後・左右に振る。
  4. 30秒×3セット

その2

  1. 仰向けに寝る。
  2. 寝たまま片足を曲げて太ももを伸ばす。
  3. 反対の足も同様。
  4. 両足1セット(10秒)×4セット

その3

  1. 両足を伸ばして座る。
  2. つま先を垂直から自分の体の方にそらしふくらはぎを伸ばす。
  3. 10秒×4セット

脂肪太りの場合におススメのストレッチ

その1

  1. 仰向けに寝る。
  2. 両足をそろえたままゆっくりあげる。
  3. そのままゆっくり両足を開く。
  4. 両足の開閉を30回

その2

  1. 仰向けに寝る。
  2. 片足を30度くらい上げ(ヒザを曲げない)て10秒維持。
  3. ゆっくりおろして逆の足も同様。
  4. 両足1セットかける30回

その3

  1. 足をそろえて立つ。
  2. 両手は頭で組む。
  3. 片足の後ろに曲げ、かかとがおしりにつくよう意識する。
  4. ゆっくり足を下ろし床につかないところでとめる。
  5. 上げ下ろしを10回繰り返す。
  6. 両足1セット×3セット

筋肉太りの場合のストレッチ

  1. スクワット ゆっくり10回×3セット
  2. ヒザを直角にあげる足踏み  ゆっくり30回

脚のストレッチだけでは不十分

美脚へは脚のダイエットだけではうまくいきません。脚痩せには、おしりや股関節の運動をあわせるとより効果が上がるのです。

ヒップアップ

  1. 四つんばいになる。
  2. 片足をうしろに伸ばす(ヒザを曲げない)10秒維持。
  3. 戻した足は地面につけず、そのまま後ろに伸ばす。
  4. 伸ばして(10秒)もどすを1セットとして10セット

股関節をやわらかく

  1. あぐらのように足の裏を合わせて座る。
  2. ヒザを地面に向かって押す(10秒)。
  3. ヒザへの力をゆるめ、上体を前へ倒す(20秒)。
  4. ヒザを押して(10秒)、上体を倒す(20秒)を1セットとして5セット

日課のストレッチと生活の意識

美脚の定義、足太りの原因わかりましたか?

ここに書いたストレッチはほんの一部ですが、時間をかけてしっかりのばすストレッチを毎日の日課として実践していくとよいですね。

他にも、日々の生活の中で、大またで歩く・物を拾うときは腰をまげずしゃがむなど、少しの工夫で筋トレができるものです。

続けることで結果がついてきますから、ぜひがんばってみてください。

【スポンサードリンク】