%e7%84%a1%e9%a1%8c生命に欠かすことの出来ない水。

普段お茶を飲むにも、コーヒーを飲むにも、薬を飲むのにも私たちは、水を使用していますね?。

では、あなたの飲んでいるその水は、水道水でしょうか?それとも浄水器を使用した水道水でしょうか?または、井戸水?湧き水?ミネラルウォーター??

大人なら自分の意思にて、口にする水を選択することも出来ますね。

しかし赤ちゃんは、保護者や、大人の方に選んでもらった水を飲ませてもらう他ありません。

完全母乳だとあまり気にならない赤ちゃんに飲ませる水。

母乳+粉ミルク、粉ミルクのみの育児だと水は必要不可欠。

何故なら赤ちゃんに飲ませる粉ミルクは、水を沸かした白湯を利用して溶かすからですね。

『そこで今回は、赤ちゃんにそのまま水道水や、ミネラルウォーターを飲ませる??軟水とは??硬水とは?鉱水とは??と言った水についてのお話です。』

【スポンサードリンク】

赤ちゃんにそのまま水道水やミネラルウォーターを飲ませる??軟水とは??硬水とは??鉱水とは??

軟水と、硬水と、鉱水について

水1,000mlに溶けている

カルシムイオン+マグネシウムイオン=硬度

軟水は、硬度120mg/l以下

硬水は、硬度120mg/l以上

日本の水道水は、地域により異なりますが軟水が多いです。

鉱水は、ミネラルを含んだ地下水を、ポンプなどで汲み上げたもの。

鉱水=ミネラルウォーター

店頭に並んでいるミネラルウォーターのラベルに原材料鉱水と書かれていても、そのラベルの表記中に硬度を示す表示を確認すれば、その鉱水が、軟水か?硬水か?わかります。

世界でも安全基準の高い日本の水道水。

日本では、上水道の整備により、コレラや、赤痢など病気の流行を抑えています。

また幼い子供達が、汚染された水を摂取したことにより起きる下痢などの体調不良も食い止められています。

赤ちゃんと水

私が、赤ちゃんを出産した頃は、産院にて、赤ちゃんの沐浴後には、白湯を飲ませるように指導されていました。

現在は、母乳育児だと白湯を飲ませる必要もないと指導されています。

育児指導は、年々見直しをされています。

あなたの産後の育児は、お世話になった産院にて指導してもらってくださいね。

一般的に、赤ちゃんのミルクを作るには、軟水を沸かして使用する。

ミネラルウォーターを選ぶ場合にも、軟水の表示を確認してから沸かし、ミルクを作るのに利用する。

【スポンサードリンク】

ミルクに軟水を利用する理由

硬水に含まれるミネラル分の分量は、赤ちゃんの内臓機能に、まだ負担をかけてしまい下痢や腹痛の症状を引き起こす。

軟水は、ミネラル分の分量が硬水に比べて少ないため粉ミルクには最適。

それは、粉ミルクは赤ちゃんに必要なミネラルを計算して作られているから。

赤ちゃんと、私

完全母乳育児と、母乳とミルクの混合育児を経験しました。

赤ちゃんは可愛いけれど、こんなに夜中に泣いて起きるとは!!私には、予想外でした。

頑張れたのは、赤ちゃんが可愛いと思えたからだと今でも思います。

初めての育児、子育て経験者の言葉を素直に受け取り過ぎて、試行錯誤の毎日でした。

母乳が足りているのかは、一か月検診まで不安でした。

出来ることなら最初の子は、もう一度初めから育児をやり直してあげたいと思えるくらい、私はとても未熟な母でした。

あの頃の自分に言いたい。

母乳と、ミルクの混合でも子供は立派に育つよ。

母乳にこだわり過ぎて、足りないの??の言葉に、悩み苦しむ必要はない!!大丈夫!!赤ちゃんが可愛い。その気持ちで、お世話してあげれば子どもは、すくすく育つのだから(^^)/

【スポンサードリンク】