%e7%84%a1%e9%a1%8c里帰りから自宅へ帰る時、旅行、冠婚葬祭など様々な事情から、赤ちゃんを連れて飛行機を利用されることありますよね??

飛行機は、遠方への移動時間を短縮してくれる便利な乗り物です。

『今回は、国内、国際線飛行機に、赤ちゃんは、いつから乗れるのか?赤ちゃんの鼓膜は、大丈夫なの??ママなら誰もが不安に思うことについてのお話です。』

【スポンサードリンク】

赤ちゃん、国内、国際線飛行機いつから乗れる??

国内の航空会社の飛行機に乗れるのは、生後8日からとなっていますが、国際線では、各航空会社ごとに違います。

国際線の場合には、利用される航空会社に要確認!!

赤ちゃんの鼓膜大丈夫??

飛行機の離着陸時に、耳がキーンとなる症状、大人の方でもありますね。

この不快なキーンは、赤ちゃんが、離着陸時に、睡眠中ならほぼ問題なし。

起きている赤ちゃんの場合には、ミルクなどを与える。

CAの方に、与えるタイミングを教えてもらうこと。

乳幼児は、泣くことで、自力で耳抜きをしている場合もあります。

新生児移動リスク

新生児は、母親の体内からと、母乳により約六ヶ月間ほどは、母親からもらった免疫があります。

しかし、母親からもらった免疫は、母親が持っていた免疫のみです。

そのため様々な方々が、行き交う空港では、どのような病原菌や、ウイルに触れるかわかりません。

体調の弱っている乳幼児や、予防接種未接種の段階での移動は、感染にご注意を!!

特に、咳をしている方の近くは避けるように。

病み上がりの方も、まだ菌や、ウイルスを保持している可能性あり。

気をつけること・・・

①当日体調が悪いのに、キャンセル代が勿体無いと、無理をして移動しない。

②時間に余裕のある日程を組む。

③出来るなら病気の流行時期を避ける。

④病気が流行したなら移動しない。

【スポンサードリンク】

産後の母親気をつけること・・・

産後は、ゆっくり身体を休ませることもままならず、気持ちも、体調も不安定な状態になりやすいです。

出来れば一ヶ月検診までは、ゆっくり休み一ヶ月検診で問題なければ移動する方がより安心です!!

また、新生児を連れての移動は、荷物も多くなりますね。

新生児移動荷物。

母子手帳

抱っこひも

粉ミルク(母乳育児の場合でも、とりあえず用意)

哺乳瓶

保温できる水筒

おむつ

おしりふき

匂いもれ防止の使用済みおむつ入れ

母乳パッド

ガーゼ

タオル大、中、小

洗濯バサミ

着替え

下着類多めに

最後に・・・

家庭の事情はそれぞれ違います。

国際線を利用される理由も、国際結婚や、海外赴任、国籍取得に海外出産をご希望される方や、より設備の整っている産院での出産など、本当に様々です。

どのような場合でも、赤ちゃんと、ママが、快適に過ごせるように、出産に関わってくれた医師や、助産師の助言を聞き、不安の少ない移動をされてくださいね。

赤ちゃんは、なぜだか??ママの不安な気持ちを敏感に感じて泣きます。

私もよく我が子が、まだ赤ちゃんの時に、一緒に泣きました。

最初の子の時の話です。

沢山失敗もしました。

一人で悩まず、心配なことは、周囲に相談すること!!助けを求めること!!ですよ(^_-)-☆

 

 

【スポンサードリンク】