%e7%84%a1%e9%a1%8c免許を取得して初めての車選び。

車を探して、本を読んだり、ディーラーや、中古車販売店、街の板金屋さん巡りを私もしました。

懐かしいです‼︎

今ならやはりネットからの情報を参考にされる方も多いと思われます。

『そこで今回は、安いのはどの車??大学生でも買えちゃう!?(^_^)v 年間維持費を比較して計算してみた。と言うお話です。』

【スポンサードリンク】

安いのはどの車??大学生でも初めての車(^_^)v 年間維持費を比較して計算!

年間維持費とは??

①ガソリン代

②オイル交換費

③修理費

④清掃用具代

⑤駐車場代

⑥車検代2〜3年に一度

⑦自賠責保険

⑧任意保険

⑨重量税・・・車検と同時期

⑩車のアクセサリー、メンテナンス代など

中古車や新車、軽自動車や乗用車は、どのような車を選んでも・・・

①車両価格

②消費税を含む各種税金

③諸費用、維持費

④自賠責と任意の保険代

⑤リサイクル代

金額に差はあれど、必要です。

年間維持費の比較

車を走らせれば燃料費+走行距離が伸びていきます。

走行距離が伸びれは、その分オイル交換の時期も近づいてきます。

車を走らせなければ、燃料費と、走行距離は伸びないし、タイヤも擦り減りません。

しかし、車を長期間飾ったままでは、バッテリーは充電されず、エンジンはかからはい。

車を持つなら適度な使用と、メンテナンスはしっかりする。

燃費が悪くなる走り方をしない。

【スポンサードリンク】

同じ車でも、走り方により燃費は悪くなる

①速度の上げ過ぎ

②エンジンの空吹かしや、吹かし過ぎ

③タイヤの空気圧の低下

④アクセル踏み込み過ぎ

⑤必要以上のエアコンの使用

⑥ドリフト

⑦車高の下げ過ぎ

⑧急発進、急加速

⑨オイル交換の時期を忘れない。

安全運転を心がけることは、維持費を確実に抑えられる。

車の購入

車の車両本体価格は、あなたが選ばれる車種により値段に違いあり。

新車、中古車に表示されている価格にはまだ諸経費などの別途費用は含まれていません。

その為、気に入った車を見つけたなら購入後直ぐに、車を走らせられる状態にするには、いくら必要なのか見積もりをディーラーや、中古車販売店などに作成してもらいます

この時実際あなたが、その車に乗る事を想定して付属しておきたいオプションなどは、全て込みにて作成してもらいましょう。

作成された見積もりは、業者の方からすでに値引きを表示されている場合と、口頭にて値引きの話をしてもらえる場合あり。

値引きの話が無い場合には、あなたの方からこの見積もりから、どれくらい値引きをしてもらえるか?値引き交渉をしてみる。

また業者により、新車の場合には同じ車種でも、値引きや、オプションサービスなどのサービスに違いあり。

中古車の場合にも同じように乗れる状態にて見積もりをもらいます。

中古車の場合は、出来るだけ車そのものを確認、走行距離、現在までの修理状況、傷の有無、内装の痛みの程度は、あなたの許容出来る範囲なのか??確認をしておくと安心です。

気になる車を絞りながら、支払い方法を確認。

ローンにて支払いの場合には、ローン金利の確認。ローン会社により違いあり。

借り入れ金額と、金利、返済期間の見比べをする。

購入者未成年の場合・・・保護者に借りれる場合にはそのようにすれば金利を安く抑えられる可能性は大です。

収入のない学生さんなら保護者に相談する。

また、未成年の場合は、一応保護者名義にて購入することになる。

年齢が若いと、事故を起こしやすいことから任意の保険代は高い‼︎

しかし、保険は重要、車の事故多数。

保険代は、購入される車毎に違いあり。

複数社補償内容と、掛け金の確認をして加入する。

【スポンサードリンク】