洋食大腸憩室炎をご存知ですか?

現代社会のストレスや食事環境が大きな原因となっているもので、症状が悪化すると大量出血を起こすおそれがあります(゚ー゚;Aアセアセ

近年日本の食は、和食から洋食化、特に欧米化しているみなさんの食事環境。

この食事環境の変化から、大腸憩室炎になる方が増えています(゚ー゚;A コ・コワイナァ

ここでは、『大腸憩室炎とは何か、その原因と症状、そして大腸憩室炎を防ぐための食事療法』についてお話しいたします。

【スポンサードリンク】

大腸憩室炎とは

大腸の壁の一部が、何らかの原因により外へ袋状に飛び出してしまうことです。

それにより、便がつまり炎症を起こすと腹痛や発熱、下血を起こすことがあります。

原因は何?

大腸憩室炎のほとんどが後天的、つまり生まれつきではない何らかの原因によるものです。

何らかの原因とは何か見てみましょう。

便秘によるもの

慢性的な便秘により、腸内が圧迫されることが原因となっています。

食事の欧米化によるもの

食事が欧米化されたことによって、繊維成分を取り込むことが少なくなっていることが原因です。

大腸憩室炎の症状

大腸憩室炎による典型的な症状は次の通りです。

下腹部痛→下痢→発熱→赤黒い便

軽度の症状

  • 周期的な腹痛
  • 下痢
  • 便秘

進行した場合の症状

  • 発熱
  • 血便
  • 大出血

このように軽度だと見落としがちな症状であることが特徴です ∑(; ̄□ ̄A ナント・・

【スポンサードリンク】

大腸憩室炎には食事療法が最適

大腸憩室炎を、事前に防ぐためには食事を見直すことが一番です。

食物繊維をとる

便秘を繰り返さないために食物繊維を意識して取りましょう。

適度な運動

腸の動きを活発にするために適度な運動をしましょう。

水分をとる

水分をたっぷりとると便が柔らかくなります。

食物繊維と合わせて取ると、より効果的です。

排便習慣

便秘にならないために排便習慣をつけましょう。

便意があるときには我慢せずいくことが排便習慣をつける第一歩です(≧ω≦)b ヨシッ

大腸憩室炎になったら

大腸憩室炎の症状が見られたときにはすぐに病院に行きましょう。

早めに治療を受けるとそれだけ負担は少ないのですが、なかなか所期症状だけではわかりにくい疾患です。

『いつもと調子が違うな』『変な感じが続いているな』など、気になる症状があった時点で病院に行くことをおすすめします。

また、予防のための食事療法では『食物繊維をたくさん取ること』がおすすめですが、大腸憩室炎になってしまった時には『腸を休めること』をすすめられると思います。

治療を受ける際には医師の指示に従いましょうね。

【スポンサードリンク】