男性

気になる男性にどうやって声をかければ振り向いてもらえるのかな。こういった悩みをもつことは女性の永遠のテーマかもしれません。

そもそも女性と男性にはそれぞれ特有の考え方や視野があり、少年少女のときのように、勢いだけの直球勝負は難しいものですよね。

仕事に生きる男性を、心から喜ばせてあげたいと思っている女性に、男性が嬉しくなってしまうような褒め言葉のポイントをお伝えいたします。

今日は、『男性が嬉しくなる褒め言葉』についてお話いたします。

【スポンサードリンク】

男性の心理

昔から男性は仕事に生きて情熱を燃やす傾向にあります。女性と大きく違うことは、気付くなどの心よりまっすぐな言葉じゃないと伝わらないと言ったことがあります。

男性の心理として次のことがあげられます。

  1. みとめられたい
  2. たよられたい
  3. ほめられたい

みとめられたい

男性はとにかく認められることを好みます。仕事での成果を上げることで、周りからの信頼を勝ち取りたいと考えます。

心より言葉という面では、昇進というものがありますね。昇進したことで、信頼されていると思う面もあるようです。

たよられたい

男尊女卑のなごりがある日本ですが、やはり男性は女性に頼られたい傾向にあります。

重いものを持つ、助けを求められるなど、目に見えて頼られると守らなければと本能が働くのでしょう。

ほめられたい

男性の心は少年のときから変わりません。基本的には、褒められたいといつも思っています

褒められることでドンドンやる気がでるのも男性特有のものでしょう。

仕事で男性が嬉しくなるほど褒め言葉

男性を喜ばせるための褒め言葉は、男性のやった仕事を対象にすると伝わりやすいです。

仕事とは、会社だけに限りません。男性が役割を果たしたときに褒めるということですね。

さっそく褒め言葉の代表例を見てみましょう。

褒め言葉の対象 TOP3

  1. 仕事(役割)に対する姿勢を褒める
  2. 当たり前と思われがちなことを褒める
  3. 頼りになることを伝える

仕事(役割)に対する姿勢を褒める

まずは仕事(役割)に対する姿勢を褒めましょう。つまり、仕事へのやる気や意欲ということですね。この方法は、普段やる気があまり目だない人には特に効果的です。

例えば、『実は、一生懸命やっているよね!』など『実は』という言葉で、強調するとよいでしょう。また、普段から賑やかなタイプの男性の場合には、『意外とまじめにやるんだね』とギャップに驚く様子を強調してもよいですね。

当たり前と思われがちなことを褒める

男性の中にも細やかな気配りができる人が多くいます。でも、細やかな気配りはなかなか気付いてもらえず、わざわざ褒めてもらえません。

そんな小さな気遣いに気付き褒めてあげると男性は喜びます。

例えば、『いつも仕事が丁寧だよね』『仕事が速いのに間違えないよね』などの声かけは効果が高いです。

頼りになることを伝える

頼られるということは、男性が最も喜ぶことではないでしょうか。

『助かったよ』『またお願いするね!』『たよりになるなぁ』など、思ったとおり、感じたとおりに伝えましょう。

【スポンサードリンク】

男性を褒めるときの3つのポイント

  1. さりげなさを交える
  2. 直球で伝える
  3. 立ててあげる

さりげなさを交える

さりげなさとは、本人に直接言うのではなく、周りの人との会話で『〇〇さんは仕事が速いね~』など本人以外の人に褒めた評価を話すことです。

本人がいなくてもいても、高評価はいつか本人に伝わります。

自分を評価してくれている女性へ意識してしまうことも多いものです。

直球で伝える

男性に気持ちを伝えるのには必ず言葉が必要です。

直球でさらっと伝えることも大切なんです。

立ててあげる

上から目線で評価されるより、尊敬のまなざしで評価されるほうが男性は気分がいいものです。

1歩下がってたててあげる姿勢や物言いをするだけで男性はとても嬉しく思うでしょう。

男性は純粋なんです

少年の心をもったままの男性には、優しい言葉と空気で包んであげることがおススメです。

無限に褒められたい男性は、何度褒められても喜びます。

純粋な心を大切にして、あたためてあげられるとよいですね。

男性のいいところを沢山見つけてくださいね

【スポンサードリンク】