食べすぎ

鶏卵料理と言えば、目玉焼き、玉子焼き、オムレツ、オムライス、カツ丼、親子丼、茶わん蒸し、錦糸卵と、まだまだ沢山ありますね。

この他にも、ハンバーグのつなぎや、フライの衣、ホットケーキに、クッキー、マヨネーズと言った、料理に使われる隠れ卵などなど・・・

卵は、高脂血症の診断を受けていたり、卵アレルギーを持っていない限り、料理には欠かせない食品ですね。

しかし、健康な方にも、コレステロールが高いため、一日1個しか食べたらダメ!?

黄身はダメ、白身はダメ、などと言ったこと、聞いたことありませんか??

料理を作る機会の多い方には、困った定説ですが、ちょっと待って!!

『今回は、黄身、白身、鶏卵の食べ過ぎはコレステロールの取り過ぎになる!?は、嘘だった!?と言う嬉しいお話です。』

【スポンサードリンク】

嘘だった卵を食べると、コレステロール過多になる!?

体内コレステロールの半分以上は、肝臓などで作られ、食事からコレステロールを摂取出来るのは極わずか。

しかも、白身、黄身どちらも一緒に食べることで、栄養のバランス良し。

つまり卵を健康な方が、一日に、二〜三個食べたからと言って、ほとんど影響はなかった!!(*^^)v

それでは、どのような時に体の中でコレステロールが出来るのか?気になりますね。

後ほど書いていきますよ。

先ずは、コレステロールの働き

①細胞膜を作る

②胆汁酸、性ホルモンの原料

③神経伝達物質

体内で、作られるコレステロールについて

体内で作られるコレステロールは、コレステロールの多い食品を摂取した時に、体内で摂取した分のコレステロールを作らず調整している。

また、有酸素運動は、コレステロールを体内で作らせることを抑える。

逆に身体が動いていない時に、蛋白質、脂質、糖質の栄養素を使って肝臓でコレステロールは、作られている。

この時、蛋白質、脂質、糖質を含む食品を多く摂取していると、コレステロールは、体内で沢山作られ過ぎる結果を招くことに!!

体内のコレステロール多すぎると??

血管に付着して、動脈硬化を招く原因に。

残念ながらこの動脈硬化は、検査してみないと、自覚症状がないためわかりません。

動脈硬化は、脳こうそくと、心筋梗塞を招く原因に。

【スポンサードリンク】

鶏卵栄養

戦争映画や、戦争ドラマのワンシーンには、病気になった親や、子に、食べさせたい食品として登場する卵。

これだけ見ても、卵が、栄養価の高い食品であることは理解できますね??

主な卵に含まる栄養

①良質のタンパク質

②ビタミン

③アミノ酸

どれも体に必要な栄養です。

鶏卵を朝食に、卵焼きや、目玉焼き、ゆでたまごで口にすれば、身体を温め一日の活動をしやすい状態に整えてくれます。

卵の魅力

①栄養満点

②価格もお手頃

③料理に見栄えとボリューム感を与える

そうこれが卵の魅力、栄養満点、美味しい、安い、食べやすい。

注意点は、一食一個卵を食べても大丈夫だけど、料理の中に使われている隠れた卵の存在にも注目!!

マヨネーズや、ケーキ類、お菓子類には、隠れ卵アリです。

卵に限らず、どのような食品もバランスよく摂取して、生活には運動も取り入れて、健康を維持してくださいね。

【スポンサードリンク】