無駄毛あなたは、日焼け対策をしていますか?

突然、そう聞かれたら、露出した肌の日焼け対策を思い浮かべるかもしれませんね?

それでは、目の日焼け対策をしていますか?

目の日焼け!?

そんなことがあるの!?

と、思われるかもしれませんが・・・

実話、目も日焼けします!!

涙が止まらない、目が痛い、目が充血するなどの症状がある場合、それは、紫外線による日焼けが影響しているからかも??。

しかし、目の日焼けによる症状に対する目のケアや、対処があるのか??

『今回は、目の日焼けによる痛い症状のケアや、対処法についてのお話です。』

【スポンサードリンク】

目の日焼け、痛い症状の対処や、ケア

目が日焼けする理由

肌の日焼けと同じく、紫外線を浴びることにより、目も日焼けします。

目の日焼けの症状

①目の痛み

②目の充血

③涙

などが、あります。

目を、外の刺激から守る働きをしてくれるのは、瞼ですが、紫外線を防ぎきることは出来ません。

そこで、目の日焼けケアが必要に!!

目の日焼けケア

①目を休める

目の日焼けによる症状には、先ず、目を休めること。

身体をリラックスさせるためにも、横になって、軽く目を閉じます。

このままの状態で、最低でも10分ほど休息

可能なら、それ以上の時間ゆっくりと休んでくださいね。

目を使わないことが、目の回復に役立ちます。

②アイシング

目を休めるときに、痛みの症状を感じている場合には、目をアイシングすることが効果的です。

痛みがない場合にもお勧めです。

アイシングと言うと、袋に入れた氷水で、患部を冷やすことですが、この方法では、目に負担をかけてしまいます。

目をアイシングする場合には、保冷材をハンカチなどの布地に巻いて代用したり、水や、氷水に浸して絞ったタオルなどで代用して、これらを、瞼を閉じた目の上に置いてくださいね。

注意点として、急激に冷やしたり、冷やし過ぎるのはよくありません。

また、ドラッグストアなどには、目元専用のアイシングも売られていることも。

これを活用するのもお勧めです。

目の病気

目の病気と聞いて、思い浮かぶ病名の一つに、白内障があります。

白内障の原因の一つにも、紫外線が影響していることも・・・

白内障は、自覚症状が少ないまま、進行する病気として知られています。

目がかすんだり、視界がぼやけたり、見にくいなと、感じる時には、白内障の可能性も。

眼科を受診する必要があります。

【スポンサードリンク】

紫外線から目を守る予防と対策

①徒歩での移動は、日陰や、日傘の中

日中の散歩や、お出掛け、外回りのお仕事なら紫外線を浴びる機会も多いですね。

外歩きをする場合には、紫外線から目を守る観点からも、日陰や、日傘の中は、最適です。

日陰や、日傘の中は、目に、紫外線を浴びるのを、緩和する効果があります。

日傘を選ぶ場合には、紫外線をカットできるUVカットの目印のついた商品がお勧めです。

日傘は、おばさんぽいと、時々若い女性の間で、話題になりますが、紫外線から体を守ることは、皮膚の老化の予防にもなりお勧めなんですよ。

男性の方にも、お勧めです。

②日傘が難しい場合には、帽子を被る

帽子は、つばの広い商品がお勧めです。

女性なら、女優帽と呼ばれる帽子も、お勧めです。

女優帽には、女性を太陽の日差しから守り、女性を、美しく際立たせる効果も期待できます。

帽子にも、UVカットの目印のついた商品があり、お勧めです。

③眼鏡や、サングラス

紫外線から目を守る観点から、眼鏡や、サングラスを選ぶ場合には、ファッション性の高いサングラスではなく、目を紫外線から守ったり、目の保護を目的とした、機能性を重視して選ぶ。

眼鏡の専門店には、日傘や、帽子同様に、UVカットの目印のついたサングラスや、眼鏡が展示販売されていたりします。

目を紫外線から守るのに、最適ですから販売員の方に、相談しながら選んでくださいね。

注意点は、サングラスの色の濃さです。

濃い色を選んでしまうと、逆に、光を吸収し過ぎて、目の負担になる場合があります。

最後に

目を守る紫外線対策をしながらも、お洒落を楽しめるのが理想的ですね。

 

 

 

 

【スポンサードリンク】