陰

食費の平均相場と聞くと、家計を預かっている方なら気になる話題の一つでしょう。

その食費が、夫婦二人で月平均五万円と聞くと、その内訳に、なぜか?ちょっと興味がわいてきませんか??

家計の見直しや、節約に必ず登場する食費だからこそ、夫婦二人で五万円の内訳や、食費の平均相場からみてそれくらいみんなが使っているのか?興味が沸いてくるのも、当然ですね。

『そこで今回は、夫婦二人の食費の平均相場についてのお話です。』

【スポンサードリンク】

夫婦二人の食費五万円は、多い?少ない?それとも平均相場??

今回、ご夫婦二人で仲良く生活をされている方々の、食費の平均相場について調査をしてみました!

健康の基盤である食費は、家庭の必要経費です!!

お金食費については、どの家庭においても当てはまりますね?

それでは、夫婦二人暮らしの食費の平均相場をみながら調査結果について報告していきます。

食費五万円は、多い?少ない?それとも平均相場なのか??

夫婦二人暮らしの家庭の食費が、五万円と聞いて、どのような印象を持たれましたか?

多いと感じましたか?少ないと感じましたか?それとも平均くらいかなと感じましたか?

平均相場から見ると、月五万円は、多いと言えます。

しかし、この出費の内容を分析していくと、果たしてこの五万円多いのか?疑問が湧いてきます。

一日三十品目の食品を摂取するように推進されていますが、必要とされる食材を全て揃えて、毎日食べ続けていればどうなるでしょうか?

かなりの出費が必要になるはずです。

そう考えると、夫婦二人の食費平均相場を調査して、月々五万円は多い!とは、簡単に判断できなくなってきました。

夫婦二人の平均相場

ズバリ!!夫婦二人世帯の食費の平均相場は、一か月二万円~四万円でした。

一か月五万円から比べると、かなり少なく感じますね。

中には、一か月一万円前後の食費をキープして生活されているご夫婦も。

食費の金額だけを見比べても、かなりの違いがあります。

この食費の違いは何が原因なのか??

【スポンサードリンク】

食費の違いの主な原因

食費の少なさ、多さには、何か原因があるのでしょうか?

食費少なさの秘訣

少なさポイント①自給自足

農作物を育て自給自足に近い生活をしていたり、お米を育てて食べていたり、両親や、知人、親戚が農家で、お米や、野菜を安価や、無料で分けてもらっている家庭。

 

少なさポイント②趣味

趣味が釣りや、家庭菜園など、食べ物に関する趣味があると、食材を自分で手に入れて食べられる。

 

少なさポイント③食材を使い切る

特売品を利用して、まとめ買いをしてから、それらの食材を調理し、保存しながら使い切る生活をしている。

 

少なさポイント④お手軽食品

特売品のインスタントラーメン、ファーストフード店でのセットメニューの安さを追求している商品を利用している。

 

少なさポイント⑤半額シール

閉店間際に、半額や、半額の半額シールの貼られてお弁当や、加工品を利用して生活している。

 

多さの原因

多さポイント①外食高価なメニューの選択

値段の高いメニューを選んで外食を利用している。

 

多さポイント②健康志向

健康志向の高まりから、原産地にこだわって高価な調味料や、高価な食材を選んでいる。

 

多さポイント③重複食品の買い物

家庭に既にある料理の食材を忘れては、同じ食材を買っていると、使い切れずに食品が傷んで食べられずにその結果、食材を破棄してばかりいることに。これでは、自然に食費が多く必要になります。

 

多さポイント④イベント好き

人を招いて食事をご馳走してあげてばかりいると、食費は多くなります。大勢での食事は美味しく食べれますからお勧めですが、材料費などは、割り勘で開催されれば、負担も少なく、長く楽しい交流を続けられます。

 

ポイント⑤嗜好品でお腹がいっぱい

口当たりの良いお菓子や、ケーキ、ジュースや、お酒ばかりを好んで飲んで食べて、満腹になってしまいご飯類を食べない暮らしをされていると、意外にも、食費にかかる費用が多くなります。

 

以上のことからも読み取れるように、食費と、一言で言っても、食料品の確保や、食事の内容には大きな違いがあるようです。セロリ

そして、食費は、高ければ良い、低ければ良いと言う物ではないと言うことです。

現在、日本で生産された食物や、加工された食品は、諸外国の食材や、食品に比べてお値段が高めです。

健康志向も手伝って、より安全で、安心して体に良い食品を摂取したいと考えている方も多いです。

また、外食をするにしても、良い食材にこだわり、手間暇を惜しみなくかけている料理は、値段を高く設定しておかなければ採算があわなくなり消費者が、良質の食事を追い求めれば食費は、自然に高くなるのです。

このような様々な状況の中でも、食費の平均相場を知ることで、ご自身の家庭と比べながら、あなたの家庭の食費を、平均相場位を目安に目指してようかと考えられるのならば、外食を控えて、毎日手料理されるのもよいのですが、お仕事が忙しいなどそれぞれの家庭の事情もあるかと思います。

毎食外食と言う生活の方なら、食材を多く使用して料金も安く提供してくれる定食屋さんを見つけて利用されたり、手作り料理にこだわったお弁当屋さんを見つけて利用されることをお勧めします。

 

最後に

あなたが食べた物で、あなたの体が作られていることはご存知でしょうか?

食事をされる時には、このことも念頭に置いて、食べ物を選ぶことを忘れないでほしいです。

バラスの良い食事を心がけて摂取することで、体は、健康を維持できます。

体調の不調を感じるときには、最近の食生活を振り返って見られるのもお勧めですよ。

ご夫婦の健康維持に欠かすことが出来ない食事と、食費のバランスを考えて日々の暮らしを維持してほしいと思います。

一人で食事するよりも、大好きなパートナーとの食事の時間は、それだけで幸福な気持ちになれるはずです。

あなたの幸せな生活を願っています。

【スポンサードリンク】