突然の訃報に慌てて準備してお通夜やお葬式に参列した時に、気にするつもりはなくても、参列者の服装や髪型が何故だか?目に入ってきませんか??

近年喪服は、黒を主流にしているため、一言で黒色と言っても、濃淡も色々あり自分と、他の参列者との色合いの違いも気になってしまうものです。

和装は、ほとんど身内の衣装になり、スーツなどの洋装で参列されることでしょう。

そして、参列者の髪型にも目が行きますね。

喪服に似合う髪型は、男女ともに清潔感が重要です。

そこで、今回は、お葬式での簡単な髪型~男・女性のミディアム、ロング、ショートアレンジについてのお話しです。

【スポンサードリンク】

お葬式での簡単な髪型~男・女性のミディアム、ロング、ショートアレンジ!!

男性、女性ミディアム、ロング、ショートに関わらず、出来るだけ髪の色を自然な感じの色にする。

葬儀では、目立った髪の色で参列してしまうと、違和感を与え印象が良くありません。

髪を整える時には、匂いのきつい整髪料を使用しない。

使用するなら、匂いの少ないワックスや、ジェル、スプレーなど、そしてテカテカしないように控えめに。

男性編

髭は、剃るか、整えて清潔感を出します。

髪の毛が長い場合は、ヘアゴムでまとめる。

【スポンサードリンク】

女性編

女性は、ミディアム、ロング、ショートに関わらず、基本お焼香の時に、顔に髪の毛が掛かってしまうことを防ぐようにします。

ミディアム、ロングの場合には、髪の毛を耳より下の辺りでまとめます。

サイドの髪の毛が気になる時には、ヘアピンを使用したり、ねじってまとめます。

葬儀では、清潔、清楚な感じを心がけるように。

ヘアゴムは、見えないように、リボンなどの装飾品は目立たず控え目に、艶のない黒を選びます。

黒のヘアピンや、バッタレなどを活用してみて下さい。

葬儀の際に、慌てお店で探すと妥協して購入してしまうことになりかねません。

社会人となったなら、気に入った物を普段から探して用意しておくことをお勧めします

注意点

葬儀は、限られた広さの部屋に、人々が集まります。

周囲の方々との距離感も近い。

そのため遺族や、参列者の方々に、失礼のないように配慮する必要があります。

黒の式服は、誇りなど目につきやすく不潔に見えることもあります。

キラキラ光る貴金属は外し、装飾品は控えること。

メイクも派手にならないように。

持ち物にも気を配る。

精進おとしなど飲食のお招きを受けたら、軽く食事をして長居をしない。

飲酒して酔ってしまったりしないように、失礼のない振る舞いをすることを心掛けて下さいね。

最後に

話しは、ちょっと逸れますけど、葬儀に参列してみて、私は、自分の死に顔を家族以外には、見られたくない。いや、見せたくない。と、思います。

近年は、ありがたいことに、家族葬が主流になり、家族、親族のみ葬儀に参列と言うのも珍しくなくなりました。

また、生前葬など、生きている間に、自分で自分の葬儀をプロデュースしてしまう企画もあり葬儀も多様化しています。

どの様な葬儀であっても、喪主や、遺族の意向に沿うように周囲は、協力してあげてほしいです。

【スポンサードリンク】