%e7%84%a1%e9%a1%8c30代って、生活環境や、仕事環境など、色々な事が変化していくことが多い年代です。

仕事上では、バリバリ働く年代で、もう新人とはいえない立ち位置、生活では、結婚・出産だけではなく、マイホームの購入や家族を養っていくためのお金の工面、男性、女性に関わらず、目まぐるしく環境が変わっていくのではないでしょうか。

変化に伴い必要になってくるのは『お金』。何をするのにもお金がなければできません(悲しいことですが・・・)

では、そのお金がかかる30代、一般的にどのくらいの年収があるのでしょうか。

どのぐらいの貯金をするべきかを早めに考えるためにも、30代の平均年収や手取りを知っておくことが大切です。

ここでは、『30代の平均年収について。年齢別・男性別・女性別、そして30代の平均手取り金額はどのくらいなのか?!』についてまとめたので、参考にしてみてください。

【スポンサードリンク】

2015年  平均年収

『年収』とは、簡単に言うと、『税金がひかれる前の金額』を指しています。この年収から、さまざまな税金がひかれ、手元に実際入るお金を『手取り』といいます。

それでは、税金のひかれる前、年収についてみていきましょう。ここでは、30代の平均年収を、『年齢別』『男女別』に細かくわけてみました。

年代別→平均年収→男性の平均年収→女性の平均年収

の順番に並べていきます。

  • 30歳  420万  441万  377万
  • 31歳  427万  450万  379万
  • 32歳  436万  463万  380万
  • 33歳  445万  473万  378万
  • 34歳  455万  486万  385万
  • 35歳  469万  503万  383万
  • 36歳  477万  511万  387万
  • 37歳  488万  528万  390万
  • 38歳  498万  537万  400万
  • 39歳  511万  551万  407万

 

全体の平均年収

  • 30代全体の平均年収・・・456万
  • 30代男性全体の平均年収・・・488万
  • 30代女性全体の平均年収・・・384万

年齢別にみていると、男女ともに少しずつ年収が上がっていっています。一方で、男性と女性の年収には、まだまだ差がでてしまう傾向が読み取れますね。

【スポンサードリンク】

2015年 平均手取り金額

男性がおよそ500万円前後、女性がおよそ300万円以下の平均年収でしたが、実際に受け取ることができる金額『手取り金額』はどのくらいなのでしょうか。

手取り金額は、年収から保険料や税金をひいたものですが、実際にひかれる保険料や税金の詳細は次の通りです。

1.税金

  • 所得税
  • 住民税

2.社会保険

  • 健康保険
  • 介護保険
  • 厚生年金
  • 雇用保険

3.その他

  • 組合費等

 

このように、実際に支給されたお給料から、これだけの項目にわたる税金や保険料がひかれているということなんですね。

そして、このさまざまなものを引かれた手取りの金額は次のようになっています。

 

30代 平均手取り金額

  • 30~34歳 男性  360万
  •        女性  248万
  • 35~39歳 男性  407万
  •        女性  250万

 

30代 平均月収

 

  • 30代男性全体    35万
  •    女性全体    19万
  • 30~34歳 男性  30万
  •        女性  21万
  • 35~39歳 男性  34万
  •        女性  21万

 

年収からみると、随分金額が下がってしまう印象がありますよね。ε= (´∞` ) ハァー

 

このように、年収からみると、実際にもらえる手取り金額は低いものです。

先ほどもお話ししましたが、30代では生活の環境もガラリと変わる節目の年代です。支出がどんどん増えるのに対し、年収・月収ののびはそれほど期待できません。

先々を見据えたうえで、20代とは言わず、早いうちからコツコツ貯金をしていくこと、とても大切ですね。((o(“へ”)o)) クーッ

【スポンサードリンク】