%e7%84%a1%e9%a1%8c

みなさんは飛行機の中でぐっすり眠れますか?
飛行機では狭く、ろくに足を伸ばせません。しかも、リクライニングではあっても、なかなかシートをバタリと倒すこともできませんよね。(;^_^A アセアセ・・・

普段から寝つきの良い方なら、飛行機でぐっすり寝ることができるかもしれませんが、眠りの浅い人には、なかなか寝られず、苦しい長い時間の飛行機移動。

特に、移動の時間が長いときや、時差のある場所へ向かう場合など、飛行機内でしっかり寝ることが大切にときもありますよね。

そんなときに飛行機の中でぐっすり眠れる方法やちょっとしたコツがあるのを存じですか?最近では、飛行機の中でもぐっすり寝るために色々な快眠グッズも出ているんですよ!

飛行機の中でぐっすり寝るためのちょっとしたコツや、使うと便利な快眠グッズなども、知っておくとよいでしょう。

ここでは、『飛行機の中でも、速攻(笑)で!グッスリ!寝たい!!( ̄‥ ̄)=33  すんなり寝るためにちょっとしたコツと快眠グッズのご紹介♪』についてお話します! ヽ(`O´)ノ ネルゾー!

【スポンサードリンク】

飛行機で寝るためのちょっとしたコツ (o ̄∇ ̄o)ヘヘッ♪

狭くて窮屈な飛行機の中で、ぐっすり眠るためのコツを見ていきましょう。
ポイントは次の5つです。

  1. 座席の場所
  2. 服装
  3. 前日の生活
  4. 体を冷やさない工夫
  5. 快眠グッズの活用

座席の場所

まずは、飛行機の予約を早めにすると良いでしょう。自分に合った環境の座席を見つけること、そして予約できることが大切です。

座席にはどのような特徴があるのか?さっそく見ていきましょう。

  • 窓側~壁に寄りかかって寝れる
  • 通路側~窓側より暖かい
  • 後方~エンジン音が大きいので、空席が多い
  • 前方~エンジン音が静か

このように、座席の場所によって、それぞれ特徴があるのが分かりますね。自分にとってどの場所が、眠りやすいのか検討して早めに予約することで、座席を確保しましょう。

服装

特に長時間のフライトのときには、体を締め付けない楽な格好をすると良いでしょう。空港を歩くには少し恥ずかしいという方には手荷物の中に着替えを潜ませて、飛行機に乗る前に着替えると良いですね。

前日の生活

飛行機でゆっくり眠れるために、前日の睡眠時間を調整し、寝不足の状態で飛行機に乗るのも良いでしょう。
時差が大きい場合には、到着の時間から逆算し、睡眠時間を確保すると良いですね。

体を冷やさない工夫

機内は意外と涼しいものです。特に、暖かい地域へ行く飛行機内の気温は低めに設定されていることも少なくありません。

体が冷えてしまっていては、なかなか寝れませんよね。服装を工夫したり、毛布やショールなど、体にかけるものを用意して、体を冷やさない工夫をするとよいでしょう。

快眠グッズを活用する

最近では、快眠グッズといっても、様々な種類が売られています。

自分が快眠を得るために活用できそうなものはどんどん使うと良いでしょう。

 

【スポンサードリンク】

どんなものがあるの?快眠グッズ (‐^▽^‐) ♪

ここでは、色々な快眠グッズの中から、飛行機でぐっすり寝るために使えるグッズをご紹介いたします。

  • アイマスク
  • 耳栓
  • ネックピロー
  • スリッパ
  • クッション

アイマスク

眠ろうと思ったときに、機内が暗くなっているとは限りません。アイマスクを使うことで、機内の明るさに対応できます。

耳栓

昔の耳栓と違い、今の耳栓は高性能!耳が痛くなったりしませんし、音もかなり遮断できます。
子供の声や、機内サービスの音、眠ろうと思っても、どうしても耳についてしまいますよね。
そんな時には耳栓を用意すると良いでしょう。

耳栓でも周囲の音が気になってしまう場合には、ヘッドホンやイヤホンで音楽を聴くのもオススメです。

ネックピロー

ネックピローとは簡単に言うと『首枕』のことです。座った姿勢で眠っても、首に負担がかからないよう工夫されています。飛行機でも借りることはできますが、やはり枕は自分の首にあったものが大事!事前に調達しておくと良いですね。

スリッパ

スリッパは実に便利な道具です。靴より足が疲れません!足がむれません!機内で快適に過ごすためにはスリッパを用意しておくと良いですね。

クッション

機内で長時間座ったまま寝るには、クッションが大いに役立ちます。

自分の体を楽にするために脇の下に入れたり、腰に入れたり、体の負担を軽減するために良いですね。

 
このようにちょっとしたコツと、快眠グッズを利用するだけで、飛行機の中でもぐっすり寝ることができます。

自分に合った方法をみつけ、快適な飛行機移動をしてもらいたいものです。

是非色々試してみてくださいね。(>▽<)b OK!!

【スポンサードリンク】