%e7%84%a1%e9%a1%8c1一人暮らしをしようと考えているみなさん、一人暮らし用の洗濯機ってどのようなものが良いと思いますか?

一人暮らしをする人の生活形態によって、必要な洗濯機の容量や機能が変わってきますよね^^♪

『生活形態』とは、例えば、洗濯物を干す場所がない場合には乾燥機能が付いた洗濯機が良いと思いますし、夜に洗濯することが多い人は、音が静かな洗濯機を選ぶ方が良いでしょう。その他、乾燥機能や静かなもの以外にも、現在の洗濯機にはいろいろな機能が付いていて、洗濯機を使う人の生活に合わせて必要な洗濯機の機能や容量が変わってきます。

今回は、一人暮らしを始める前に、どんな洗濯機が自分に合っているのか、一人暮らしの生活に合わせたおすすめの洗濯機についてお話しします!

【スポンサードリンク】

自分に合った洗濯機を見つけるためには

どんな洗濯機が自分に合っているのか、それを見つけるためには自分の生活パターンしっかり理解して、洗濯機に求める条件を出すのが良いと思います。

生活パターン

いつ洗濯するのか、設置場所はどうなっているのかを見ていきましょう。

  • 夜に洗濯
  • 土日にまとめて洗濯
  • 干す場所の広さ
  • 洗濯する量
  • 設置スペースの広さ

一例ですが、このように一人暮らしと言っても、それぞれ生活パターンが違うと、洗濯するリズムも変わってくるのです。

洗濯機に求める条件

  • 静か
  • 乾燥機能付き
  • 省スペース
  • 節水
  • タイマー

ざっとあげただけでもこれだけの機能が備わっている現在の洗濯機。例えば夜に洗濯するのであれば、音が静かな洗濯機がおすすめですよね。

また、土日にまとめて洗濯するのであれば、洗濯物の量が増えるので、容量が大きい洗濯機を探す必要があります。他にも、干す場所がない場合には乾燥機能の付いた洗濯機、設置スペースがなければ省スペースで設置できる小型の洗濯機など、自分の生活パターンに合わせた条件を見つけ出してください。

【スポンサードリンク】

洗濯機の種類とそれぞれのメリット・デメリット

洗濯機の種類

洗濯機には大まかに『縦型洗濯機』と『ドラム式洗濯機』があります。

一人暮らしの場合ですと、だいたい5キロ以下タイプで十分ですが、週末まとめ洗いをするなど、洗濯物の量が多い人は7キロタイプを選ぶと良いでしょう。

さて、縦型洗濯機とドラム式洗濯機、どちらが自分に合うのか悩んでいる方も多いハズ。参考までに、それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。

縦型洗濯機

①メリット

  • 汚れがよく落ちる
  • 水の量を選べる
  • 本体価格が安い

②デメリット

  • ドラム式より水道代が高い
  • 衣類が傷みやすい
  • 乾燥機能の能力が低い

縦型洗濯機には、『よく汚れを落とす一方で、衣類が傷みやすい』という特徴があります。

ただドラム式に比べて、本体価格が低く、設置場所にも困らないでしょう。

縦型洗濯機の乾燥機能は温風を使わないため温風を使って乾燥させるドラム式よりは乾燥機能が低下します。

ドラム式

①メリット

  • 水の量や洗剤の量が少なくてすむ
  • 乾燥機能の能力が高い
  • デザインがおしゃれ

②デメリット

  • サイズや本体の重量が大きい
  • 本体価格が高い
  • 開閉方向のチェックが必要

ドラム式の洗濯機は、デザインがおしゃれなので憧れている人も多いかもしれませんね^^

みてきたとおり、『水量や洗剤の量が少なく、購入後にかかる費用は安くすむ』という特徴があります。ただ、本体のサイズや重量が大きく、場所を取るため、購入前に設置場所の確保が必須となり、洗濯機を置く場所が狭い部屋の場合には不向きとなってしまいます。

また、ドラム式の洗濯機は側面にトビラがついているため、設置場所の確保のときに、扉の開閉方向を確認しておくことが必要です。それに合わせて、本体の価格が縦型洗濯機より高いため、最初に費用がかさんでしまう印象が出てきますよね。

 

ここまで見てきたとおり、一人暮らしをするときに洗濯機を購入するときには、生活パターンをしっかり整理し、洗濯機のどのような機能が必要なのか、自分にはどのような洗濯機が合うのかを、購入前にじっくり検討することが大切です。

洗濯機には縦型とドラム式と二つの種類があるので、それぞれの特徴を生かしつつ、自分の希望する機能が付いている洗濯機を選ぶとよいでしょう。

【スポンサードリンク】