%e7%84%a1%e9%a1%8c

 

太ももの付け根が太いこと、気にしている人はいませんか?『太ももの付け根を痩せさせるにはどうしたらよいのだろうか』と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

体の中でも、お肉がつきやすいイメージがある太ももですが、そもそも、なぜ太ももの付け根が太いのでしょうか。太ももの付け根を痩せさせるためには、まず『なぜ太ももの付け根が太いのか』、その原因を知る必要がありそうです。

ここでは、『太ももの付け根はなぜ太いの?!意外なことが原因となっている場合があるんです!』について、お話しします。

【スポンサードリンク】

太ももの付け根が太い原因

太ももの付け根が太kなってしまう原因はただ1つ!!『骨盤のズレや歪みによるもの』なんです。

骨盤のズレや歪みにもいろいろな形がありますが、太ももの付け根がふとくなってしまう人のほとんどが、骨盤が前側に傾いている前傾型であるといわれています。

骨盤の位置と太ももの付け根が関係しているなんて、意外ですよね^^;

では、なぜ骨盤がずれると、太ももの付け根が太くなってしまうのでしょうか。それは次のようなよくないループが繰り返されるからなんです。

  1. 日頃の姿勢が悪い
  2. 骨盤が前に倒れる
  3. 大腿骨が内側を向く
  4. 骨盤に隙間が出来る
  5. 隙間に脂肪や筋肉がつく
  6. お尻が大きくなり太ももが張る

このような悪循環を長期間繰り返されることで、太ももの付け根が太くなっていくのです。なんとしても、この悪循環を断ち切らなければなりません。

【スポンサードリンク】

太ももの付け根を細くするためには

そもそも、太もも自体、脂肪がたまりやすく、脂肪が落ちにくい部位です。つまり、簡単に言うと、足を痩せることをしても、『一番効果が出にくい部位』になっているということなんです。

そんな太ももを含め、太ももの付け根を細くするためには、『脂肪を落として、筋肉をつけること』が重要ポイントです。

そのためには、骨盤のねじれや、ズレを直し、体の重心を内側に持ってくることが大切です。

太ももの付け根を痩せるためのストレッチや筋トレをする前に、日々の姿勢を治すように意識し、『痩せやすい体を作る』ことが先決です。

痩せやすい体作り

痩せやすい体を作ることのポイントは、『正しい姿勢』『冷やさない』です。

正しい姿勢とは、骨盤が前方に傾いてしまわないような姿勢のことです。日常の中で、重心が前側にいかないよう、骨盤を垂直に保つような感じで意識してみるとよいでしょう。

そしてもう1つ。太ももの付け根を痩せさせるためには、下半身全体のメンテナンスが必要です。もともと、冷えが脂肪を付きやすくしてしまうといわれています。下半身全体を温めると、効率よく痩せやすい体になります。そういったところから、下半身を外からも中からも冷やさないように注意しましょう。

このように太ももの付け根が太くなってしまうことには、『骨盤のズレや歪み』が大きな原因となっています。

太ももの付け根を痩せさせるためには、ストレッチや筋トレの前に、まずは、普段の姿勢を見直す、体をあたためるなど、痩せやすい体作りをすることが大切です。

太ももの付け根が太くなってしまうことの原因である、骨盤のズレを治すために、日頃の姿勢から意識改革していきましょうね!

【スポンサードリンク】