二日酔いせっかく楽しい飲み会だったのに、次の日のツライ二日酔いの頭痛。

『もう、二度とお酒を飲まない!』と何度思ったことでしょう。

この二日酔いの頭痛に効く薬ってあるのでしょうか。

一般的に頭痛薬といえば、ロキソニンやバファリンが代表的ですよね。

このロキソニンやバファリンには、二日酔いの頭痛を緩和させる効果があるのでしょうか。

実は、二日酔いの頭痛やその他の症状には、それぞれの症状に合わせた対応が必要なんです。

やみくもに薬に頼っていけないということですね。

ここでは、『二日酔いの頭痛にロキソニンバファリンは有効なのか、頭痛以外の症状にはどう対応したら良いのか』を、お話しします。

二日酔いの症状が起こる原因を知って正しい処置をしてくださいね。

【スポンサードリンク】

二日酔いの症状と原因

二日酔いになると、頭痛の他にも吐き気やだるさなど様々なつらい症状に悩まされますよね。一体、何が原因なんでしょうか。

二日酔いの原因は次の4つになります。それぞれの症状も合わせて見てみましょう。

アデノシンによる頭痛

アデノシンとは血管を拡張させる効果があります。アデノシンによる頭痛の特徴はズキズキと頭が痛くなることです。

二日酔いの頭痛は、ほとんどアデノシンが原因となっています

脱水症状や低血糖

脱水症状や低血糖が起こると、筋肉痛のような体の痛みだるさ吐き気などが起こります。

アセトアルデヒド

アセトアルデヒドが溜まると吐き気やだるさ、そして頭痛につながります。

アセトアルデヒドは除去できないので、分解することが必要になってきます。

メタノールによる重い二日酔い

テキーラなど強いお酒はメタノールという物質を多く含んでいて、飲むとメタノールによる重い二日酔いを引き起こします

主な症状は、めまいや頭痛、腹痛、吐き気、さらには、背中の痛みなどが起こることがあります。

頭痛にロキソニンバファリンは効くの?

さまざまな二日酔いの症状をみたところで、二日酔いの代表、頭痛についてみていきましょう。

二日酔いの頭痛は、主な原因がアデノシンによる頭痛です。

このアデノシンによる頭痛は、血管の拡張が原因となって起こるということをお話しました。

つまり、このアデノシンによる頭痛を治めるには、血管を収縮させてあげればよいのです。

ビブプロフェン配合

イブプロフェンには血管を収縮させる効果があります。

なので、二日酔いの頭痛には、イブプロフェンが配合された頭痛薬が効くということです。

バファリン OK ロキソニン NO

バファリンには、血管を収縮させるイブプロフェンが配合されているので二日酔いの頭痛には効果があります。

一方、ロキソニンにはイブプロフェンが配合されていません。なので二日酔いの頭痛には効果がないといえます。

そればかりかロキソニンは、お酒と混ざるといつも以上に薬が効いてしまうことがあります。

お酒が抜けてない段階でロキソニンを飲むのは絶対にやめましょう。

【スポンサードリンク】

症状に合わせた対応をしよう

先ほどもお話ししたように二日酔いの症状には様々な原因があります。それぞれの原因に合わせた対応をしましょうね。

アデノシンによる頭痛

先ほどお話したとおり、アデノシンによる頭痛は血管を収縮させる効果が必要になります。

そのためイブプロフェン配合の頭痛薬を選ぶとよいでしょう。

バファリンだけでなく、イブプロフェン配合の薬は他にもたくさんあるので探してみてくださいね。

脱水症状低血糖

脱水症状や低血糖を解消するには、水分・電解質・糖分が必要になります。

この場合スポーツドリンクを飲むと良いでしょう。

胃の不快症状・吐き気やむかつき

この場合には塩化カルニチン配合の胃腸薬おすすめいたします。

だるさ

二日酔いにだるさはつきものですよね。

このだるさを解消するにはビタミン B1配合のドリンクをおすすめします。

二日酔いのだるさは、ビタミン B1が不足していることが大きな原因となっているので試してみてくださいね。

薬に頼らず乗り切るのもOK!つらい時には病院も

これだけ見ても様々なつらい症状があるのが二日酔いの怖さですね。

最初にもお話しした通り、二日酔いには、頭痛の他にもだるさや吐き気などもあります。

薬を飲むと即効性はありますが、症状が軽い場合には薬に頼らず乗り切るのも良いかもしれません。

例えば、カフェインは血管収縮の効果があります。軽い頭痛であればカフェインを飲むことで大分症状が緩和されます。

このように、症状が軽い場合であれば薬に頼らず対応もできますよね。

でもあまりに辛い症状だった時には、病院へ行ってみるのも良いかもしれません。

病院では二日酔いの治療もしてくれるので安心ですよ。

楽しい時間と引き換えにつらい症状に悩まされる二日酔いですが、症状に合わせた対応で乗り切っていって下さいね。

【スポンサードリンク】