いか

刺身にてんぷらにフライにイカ焼き、ボイルしてイカサラダ・・・

イカっておいしいですよね!(筆者はイカが大好きなんです^^;)

このイカですが、見るからに低カロリーって感じがしませんか?

そうなんです。イカって低カロリーなんです。ヾ(●⌒∇⌒●)ノ   ワーイ

それだけじゃないんですよ~!実はイカにはたんぱく質もたっぷり含まれていて、ダイエットに最適の食材なんです。┐(~ー~;)┌  ホントニー?

今日は、『イカがダイエットに最適な理由。どんなダイエット効果があるのか』について、お話します。

 

イカのカロリーって?

イカといっても様々な種類がありますよね。ではさっそく種類別にカロリーをみていきましょう。

  • スルメイカ    88kcal
  • コウイカ     66kcal
  • アオリイカ    76kcal
  • ホタルイカ    17kcal

全体的にカロリーが90以下と、とってもヘルシーですね。

【スポンサードリンク】

イカの栄養素は?

イカのカロリーが低いからダイエットに最適の食材。いえいえ、それだけではないんですよ~。

イカの栄養素をみれば、わかるかもしれませんね。

イカの栄養素

  • タウリン~脂肪燃焼効果で動脈硬化を予防
  • ビタミンB12~赤血球をつくりめまい・貧血の予防
  • ナイアシン~糖質代謝能力を上げる・血流をよくする
  • タンパク質~免疫力の向上

 

どうですか?低カロリーなだけではなく、さまざまな健康効果がありますよね。v(。・・。)イエッ

つまり、イカには、『健康なダイエットができる』力があるってことなんです!

 

イカのダイエット効果

イカのダイエット効果についてみていきましょう。

  1. イカに含まれる栄養素の働き
  2. イカに含まれるタウリンの働き
  3. イカの食感

イカに含まれる栄養素の働き

先ほどお話したとおり、イカに含まれる栄養素、タウリンやナイアシンによって、血流や新陳代謝を上がることで、やせやすい体になります

イカに含まれるタウリンの働き

イカには、『タウリン』が含まれています。このタウリン、主な働きは、肝臓の働きを助けることなんです。肝臓の動きが活発になれば、新陳代謝が上がり、脂肪燃焼の効果が高まります。あわせて、中性脂肪を減らす働きもあります。

肝臓の働きを活発にして、体内の毒素を分解し痩せやすい体を手に入れましょう。

イカの食感

イカは歯ごたえのある食感が特徴ですよね。

この食感こそがダイエット効果が高まるのです。

イカを食べるときは、良く噛まなければなりません。噛む回数が増えることで、満腹中枢が刺激され、満腹に感じます

 

【スポンサードリンク】

イカの食べすぎで注意したいこと   Σ(゚д゚;)

イカが低カロリー高タンパク質で、ダイエットにおすすめな食材ということには間違いないのですが、注意したいこともあるんです。

イカを食べ過ぎないように知っておきたいことは次の2つです。

  1. プリン体の過剰摂取
  2. 塩分

プリン体は魚介類に多く含まれています。このプリン体、過剰摂取すると、痛風の原因になるんです。

また、加工品のイカには、塩分が非常に多く含まれています。

このことから、イカを使ったダイエットとしては、小腹がすいたときの間食に活用することをおススメします。

 

ダイエット中の間食防止に最適なイカ

ここまで、イカについてお話してきましたが、最後に復習してみましょう!

イカは、さまざまな栄養素が含まれていたり、ダイエット効果につながる物質が含まれていて、ダイエットに活用できる食材であるといえます。(´0ノ`*)オーホッホッホ

しかし!!Σ(゚д゚;) 一方で、魚介類に多く含まれる痛風の原因ともなるプリン体がイカにも多く含まれています。また、加工されたイカは、塩分が非常に多く含まれているので、イカの摂取量には注意が必要です。

このことから、ダイエットに活用するときには、間食のしすぎを防ぐために、イカを間食で食べることがよいでしょう。

 

栄養の沢山入ったイカ。タイミングをみて食べましょうね。

≠( ̄-( ̄)モグモグモグ

【スポンサードリンク】