女性

気に入った女の子や本命の彼女を喜ばせたくて言った褒め言葉。あれ?でもあまり喜んでいないかも・・・なんて思うことありませんか?

『女性は実に難しく細やかな生き物である』と同じ女性側の人間でも思うものです。

そんな女性を喜ばせるポイント、そこを知ってから実践したほうがよいかもしれません。

女性は白黒がはっきりしてしまいますから、やり直しが効かないことが多いんですよ。

お仕事が一緒の彼女、趣味が一緒の彼女、遊び仲間の彼女。気に入った女性を喜ばせるポイントお話いたします。

今日は、『女の子を喜ばせる褒め言葉、勘違いしてはいけません』についてお話いたします。

【スポンサードリンク】

女性の心理

同じ言葉や行動でも、様々な反応をする女性。本当に女性の心理は奥が深く、形がありません。

でも、そんな女性の心理。代表的なことが、『しっかり見てほしい』ということなんです。

しっかり見てほしいということが基本にあって、そこから人それぞれのみてほしいと思うものがあるんです。

女性が言われたい言葉

では、女性が言われたい言葉、つまりしっかり観察して褒めて欲しいところとは、どのようなことがあるのでしょうか。

  1. 自分自身を見てほしい
  2. 自分が変化したところをみてほしい
  3. 自分の内面をみてほしい
  4. 自分の努力をみてほしい

自分自身を見てほしい

自分自身をみてほしいというのは、自分の体のチャームポイントを探して欲しいということです。

大きな目やすらっとした脚、色白な肌、こういった具合に自分自身を褒められたいということです。

例えば、『目がきれいだね』とか、『スタイルいいね』などと声をかけてあげるとよいでしょう。

自分が変化したところをみてほしい

変化したところとは、髪を切ったこと・化粧の仕方を変えたこと、新しい服を着ていることなど、手を加えたところに気付いてほしいというのも女心なんですね。

率直に、『髪切った?』『なんか今日雰囲気が違うね』など声をかけてあげるとよいでしょう。あまり細かく言うとボロを出してしまうこともありますので、ふんわりとした物言いが無難です。

自分の内面をみてほしい

いつもニコニコしている女性、人の悪口を言わない女性、気配りができる女性、おおらかな女性。

女性には色々なタイプがあり、また女性らしさが男性の心に留まりますよね。

こういうときには、『現場が明るくなるね』とその人が居るだけで雰囲気が良くなることを伝えましょう。

また、女の人は基本的に気の利くことがサラッとできてしまいます。仕事場などでは、ついでにゴミを捨てるとか、必要なものをタイミングよく差し出すなど、ついでにみせかけてサラッと気配りができることが女性らしい行動ですよね。

そんな何気ない行動に気付いて声をかけると印象がぐっとあがります。

ただ、後述しますが、いちいち褒めるとわざとらしく思われますので、このようなときにはやってくれたタイミングで『ありがとう』『助かるわ』などの声かけがよいでしょう。気付いてくれることが、女性の喜びポイントです。

自分の努力をみてほしい

仕事熱心な女性には特に多いと思いますが、男尊女卑の名残がある日本の女性が仕事で評価されることには、並々ならぬ努力が必要です。

仕事熱心な女性は特に仕事面での評価を喜びます。

この場合には、自分がほめられて嬉しいことを言ってあげることがよいでしょう。

例えば、『仕事が速いね』『仕事が丁寧だね』『安心して任せられるよ』など何かをしてもらうとき、してもらった直後に声をかけることが大切です。

【スポンサードリンク】

女性が『ん?』と思う褒め方

  1. ドラマ風は通用しない
  2. いちいち褒めすぎる

ドラマ風は通用しない

『君以外には仕事を任せられないよ』『こんなに仕事ができる子はいないよ』など決め顔で言われても、『はぁ?』となってしまいます。

言葉より、態度でひいてしまうこともあります。自然にサラッとが鉄則です。

いちいち褒めすぎる

何かと褒める人も正直うざがられます。そういった人は、『ボクは細かいところに気付いているよ』とアピールしても回数が多いと女性もげんなり。

伝えたい言葉は、安売りしないよう心がけましょう。

言葉で褒めるより気付くことが大切

女性には、あれやこれやを言っても裏をかかれてしまいます。言葉を沢山用意するより、女性の細やかなところに気付いてあげることが大切です。

女性は『ありがとう』を最も喜びます。『ありがとう』は何度でも言える魔法の言葉と言ってよいでしょう。

大切な女性には、気遣いをもって接することがおススメです。

【スポンサードリンク】