風呂掃除毎日掃除してもお風呂のカビってなくなりませんよね。お風呂掃除が大変と感じることの最大理由は、このカビの繁殖力の強さにあるのではないでしょうか。

浴室内の壁や床、イスや洗面器、シャンプーボトルや洗顔チューブまで、ありとあらゆるところにカビは繁殖します。

どれだけこまめに掃除して湿気をとっていてもカビの繁殖は収まらないことが多く主婦を悩ませますよね。

実は、掃除の仕方自体が間違っていることが多いのをご存知ですか?いくら掃除をしてもカビがなくならない掃除方法を見直す必要があるのです。

掃除のポイントはズバリ天井!今回は、『お風呂のカビ予防のための掃除方法』をお話いたします。

【スポンサードリンク】

お風呂のカビは天井が原因?!

実は、お風呂のカビの原因は天井にあるのです。その仕組みについてみてみましょう。

カビが増える環境とは

カビがどんな状況になったら繁殖するのか、カビが育ちやすい3つの好条件は次の通りです。

  1. 温度    20度~30度
  2. 湿度    60%以上
  3. カビの餌  皮脂

この条件を見てみればわかるとおり、浴室内は、温度も高く、蒸気満載でカビが最も繁殖しやすいということです。

カビ繁殖のサイクル

  1. 浴槽の皮脂が蒸気にのって天井へ張り付く。
  2. はりついた皮脂を餌にカビが繁殖しだす。
  3. 浴室内の蒸気にのってカビが浮遊する。
  4. 結果、浴室内はカビ菌だらけ

なんと、浴室天井にカビが発生しやすい、そして浴室内全体にカビが浮遊しているんです。これでは、いくら浴室内の壁や小物、床をそうじしたところで、カビは減りませんよね。

カビ繁殖のサイクルをつかんだところで、今度はカビ予防の方法をみてみましょう。

【スポンサードリンク】

コツをつかんでカビ予防

カビが繁殖する原因は『温度・湿度・天井』の3つです。この3つをクリアしましょう。

まめに天井・換気扇掃除

定期的に天井のカビを除去しましょう。毎日天井の水分をふきとるだけでもかなりの効果が表れます。

また、意外と見落としがちなのが、浴室内の換気扇です。こまめに掃除は大変ですが、1ヶ月に1度、少なくても半年に1度の掃除・手入れはしたほうがよいでしょう。

入浴後、冷水で浴室内全体を流す

お風呂から上がるときに冷水で壁や床など洗い流しましょう。冷水をかけるだけで、浴室内の温度は驚くほどに下がります。また、壁や床にある温かい水分を流すと効果的ですよね。

風呂のフタをする

家族の入浴時間にばらつきがある場合には、風呂のフタをすることで対応しましょう。風呂のフタをすれば、皮脂が天井にいきわたるのを防げますし、湯船の温度も下がりにくいとメリットがあります。

換気扇の使い方を見直す

浴室内の換気扇はどう使っていますか?入浴前後だけとか、入浴している間だけとか時間でバラバラ使用していませんか?

湿度が下がりにくい家などは思い切って24時間回しっぱなしにしてしまうのも1つの手です。

換気扇を回している時間が長いほど、湿度は下がりやすく、脱衣所の換気にもつながります。

ちなみに筆者は、24時間まわしています。浴室のとなりのトイレの湿気がかなり軽減されました。

換気扇の働きは大きく、ぜひ活用してみてくださいね。

水気をふきとる

これはなかなか難しいかもしれませんが、効果が最も高い方法です。浴室内の壁や床、小物までついている水滴をタオルでふきとってしまいましょう。

これをしていると、まずカビの繁殖力が激減します。定期的な運動の1つぐらいに考えて実践してみてください。

梅雨に負けないカビ対策

いよいよ梅雨入りしましたね。梅雨の時期は、浴室内の手入れが重要になってきませんか?湿気が多い梅雨ですから、ただの換気じゃカビは退治できませんね。

カビの繁殖サイクルをしっかりつかんで、最大限に対策をしながらカビに対処していってくださいね。

【スポンサードリンク】