%e7%84%a1%e9%a1%8c『いちご鼻』の愛称( ̄Д ̄;;で知られる鼻のブツブツ、角栓。角栓になる原因は、主に皮脂や汚れ、古い角質のこの3つなんです。∑(; ̄□ ̄A アセアセ

メイクによるファンデーションやほこり、古くなった角質に皮脂が入り混じって毛穴に詰まり固まってしまうことで憎き角栓ができあがってしまうのです。

この角栓の除去の方法、色々聞いたことがあるのではないでしょうか。

よく耳にするのは毛穴パック。それだけではありません。例えば、綿棒やピンセットを使う方法、簡単に角栓を取れると市販されている器具までもありますよね。このように、パックや器具などを使う方法がよく知られていますよね。

でも!実は、角栓をとるときに、そのやり方次第で、角栓が取れないばかりか逆に角栓が増えてしまう原因になることがあるのをご存知ですか?Σ(|||▽||| ) ガーーン

ここでは、『鼻の角栓の原因を知り、正しい角栓除去の方法とその後角栓を作らないためのケア』についてお話しします。

綿棒とピンセットどっちが簡単で、角栓除去にふさわしいのか、気になりますよね~ 柱| ̄m ̄) ウププッ

【スポンサードリンク】

綿棒 vs ピンセット  角栓除去のポイント

結論から言うと、綿棒の勝ちです。ぉお!!(゚ロ゚屮)屮 ・・・というより、ピンセットは絶対に使ってはいけません。Σ(・ω・ノ)ノ!

角栓の原因は、皮脂や汚れ、古い角質が混ざって毛穴につまってしまう状態です。

角栓を除去するポイントとしては、『無理に取らないこと』と、『角栓を除去した後にしっかりと保湿をすること』です。

ピンセットで安易に角質を引き抜こうとすることは肌へ大きな負担をかけてしまいます。また、引き抜くときに、皮膚を傷つけてしまうこともあります。そういうことが重なると、余計に角栓が増えてしまうことになってしまうのです。

ピンセットは絶対使ってはいけませんよ!

角栓除去のポイントを押さえたところで、角栓を除去する方法をみていきましょう。

いざ!角栓除去

それでは正しい角栓除去の方法を知る前に、まずはやってはいけない角栓除去の方法から見ていきましょう。

やってはいけない角栓除去の方法

  • ピンセットで引き抜く
  • 毛穴パックを使う
  • ピーリング石鹸を使う

ピーリング石鹸とは、酸性の石鹸で、角質の元をとかす力があります。ここで上げた3つの方法は、肌に大きく負担がかかるので、一時的に症状が回復したとしても、結局角栓が悪化してしまうことにつながってしまいます。

正しい角栓除去の方法

正しい角栓除去の方法は次の通りです。

  1. 肌を清潔にする
  2. 毛穴を開く
  3. 角栓を取る
  4. しっかり保湿する

1.肌を清潔にする

角質をとる前に、まずはしっかりと洗顔をしてメイクを落としましょう。

角栓を除去する時に肌が汚れていると、開いた毛穴に汚れがたまってしまいます。

角栓を除去する時には肌を清潔にすることが大切です。

2.毛穴を開く

次に、毛穴をしっかりと開きましょう。おすすめしたい方法は次の2つです。

  1. 蒸しタオル
  2. 鼻ラップ

<蒸しタオル>

  1. タオルを濡らす
  2. 軽く絞る
  3. レンジで1分温める
  4. 3分ほど角栓のある部分にのせる

この方法で注意したいことは次の通りです。

  • 温める部位は角栓の部分のみ
  • 週2回程度の間隔をあける
  • ケア後の保湿をしっかりする

蒸しタオルで毛穴を開く場合、どうしても皮膚が乾燥してしまいます。なので、必要な部分だけを温め、毛穴を開くようにしましょう。そして、ケア後の保湿を忘れないでくださいね。

<鼻ラップ>

  1. ラップで鼻を覆う
  2. 半身浴をする
  3. 30分程度温める

どちらも、実践してみて効果が高い方をするとよいでしょう。ただし、何度も何度も繰り返すと毛穴が開いてしまうので、しっかりと期間や感覚を空けて、開いた毛穴を戻してあげることを忘れないでくださいね。

角栓を取る

毛穴が開いたところで、いよいよ角栓除去です。

  1. オリーブオイルを手で温め鼻に塗る
  2. 1分放置
  3. マッサージ
  4. オリーブオイルを拭きとる
  5. 洗顔

 

オリーブオイルを時綿棒に塗るときには綿棒でゆっくり押し当てるのがおススメです。

しっかりオイルをなじませ、コットンなどで、ふきとりましょう。ここでもゆっくり優しく押し当てることが効果的です。

 

しっかり保湿

保湿するときにおススメなのは、『セラミド』の入った保湿剤を使うことです。

セラミドは、高い保湿力があるので、肌がふっくらとして、毛穴が引き締まり目立たなくなります。

このように、毛穴が目立たなければ、角質の原因である、皮脂・汚れ・古い角質が詰まりにくくなるので、角質ができにくい肌が期待できます。

【スポンサードリンク】

角栓とは

冒頭でもお話ししましたが、角質の原因は、皮脂・汚れ・古い角質、この3つです。

角栓には黒いものと白いものがありますが、結局のところ、どちらも原因となる3つが毛穴に詰まったことで起こっています。

大きな違いとしては、角栓が古いのか、最近できたのかの違いです。黒い角栓については、皮脂・汚れ・古い角質などが詰まって時間がたった状態です。黒い角栓については、一度の角栓除去では、とれないことも多いでしょう。地道にケアをしていくことが大切です。

この角栓ができてしまうことの大きな原因は、ターンオーバーの乱れです。もともと、皮膚はおよそ1か月かけて生まれ変わります。このリズムターンオーバーといい、肌が生まれ変わるリズムが崩れてしまう状態をターンオーバーが乱れるというのです。

ターンオーバーが乱れる原因には、様々なものがありますが、正しい食生活、禁煙が効果が高く、肌に刺激や負担のかからない生活を心がけると良いでしょう。

このように鼻の角栓は、除去する方法によっては症状が悪化してしまいます

正しい除去法で、時間をかけながらゆっくりと除去していくことが大切です。

【スポンサードリンク】