無駄毛イベントの多い夏!おしゃれの夏!水着の夏!夏って楽しいことがたくさんありますよね!

でも!Σ(゚д゚;)  夏は肌の露出が増えるので、女性のムダ毛処理は必須なんです。(女性は大変なんです^^;)

そして、ムダ毛処理の永遠のテーマ・・・『カミソリ負け(涙)』

せっかくムダ毛を処理しても、足がブツブツ・・・かゆいし痛いし、見えないところで女性は本当に苦労しています。

でも、負けて入られません!

だって、だって『夏だから!!』

夏はおしゃれだけじゃないんです。楽しいイベントだけじゃないんです。

あま~いあま~い恋愛イベントもあるじゃないですか! (。・・。)ポ

カミソリに負けてる場合ではない!意中の彼に『きれいだね』って言わせたいじゃないですか!

今回は、ズバリ!『カミソリ負けの治し方!!そしてカミソリ負けをしないための対策』を、お話しします。

カミソリ負け知らずで夏をエンジョイしましょう!

【スポンサードリンク】

そもそもカミソリ負けって?どんな症状なの?

カミソリ負けは、カミソリでムダ毛を剃ったときに、皮膚が傷つき炎症を起こしてしまうことです。

主な症状をみていきましょう。

  • 赤み
  • かゆみ
  • 痛み
  • 湿疹
  • 出血
  • 乾燥

経験している人も多いですよね^^;カミソリ負けって結構ツライし、なかなか治らないんですよね。

傷口から菌が入るときも

だいたいのカミソリ負けは、皮膚に傷がついて上記した症状がでるのでうが、たまに、菌が傷口から侵入してしまって症状が悪化してしまう事だってあるのです。

傷口から菌が侵入したときの症状は次の通りです。

  • 赤い丘疹
  • 肌のかさつき
  • 痛み

※丘疹(きゅうしん)~直径1センチ以下の皮膚の突起

症状が悪化すると、直りが悪くだけでなく、傷口の範囲が大きくなってしまったり、跡がのこってしまったりするので、早めに治療しましょうね。

カミソリ負けを治そう

では、カミソリ負けが起こってしまった時にどうすれば良いのか、すぐできるおススメの対策を3つにまとめました。

  1. 患部を冷やす
  2. 薬を塗る
  3. 肌を復活させる

患部を冷やす

皮膚が炎症を起こしたときには、ひとまず冷やしましょう。

冷やすことで、痛みやかゆみ、赤みなどの症状が落ち着きます。逆に温めるとひどくなります。軽く冷やしてあげる、風呂ではなくシャワーで済ませるなどして、患部が温まらない工夫をしましょうね。

薬を塗る

最初に!カミソリ負けの症状に、絶対ニキビの薬を使用しないでください。症状が悪化します。

カミソリ負けの症状におすすめな市販薬は、炎症を抑えたり、抗菌作用のあるオロナインやワセリンです。

もともと皮膚が弱い人や皮膚トラブルが悪化しやすい人は、市販薬を塗らず皮膚科にかかりましょう。早めの処置が早期復活につながります。

肌を復活させる

肌を復活させましょう。

そのためには、まず皮膚への刺激を減らしましょう。

ムダ毛処理は何日か間隔をあけて行うことが良いでしょう。少なくとも2,3日は空けてください。

また、着用する衣服の素材にも気を使うと良いでしょう。

コットンやシルク素材だと肌への刺激が軽減されます。

 

このように患部を清潔に保ったり、薬で対処したりすることと合わせて悪化させないための工夫が必要です。

 

【スポンサードリンク】

カミソリ負けをしないために

最後にカミソリ負けをしないための工夫をみてみましょう。最初からカミソリ負けをしなければいいですもんね!

切れ味の良い清潔なカミソリを使う

カミソリ負けを起こす一番の原因は使うカミソリにあります

切れ味の悪いカミソリを使い、ムダ毛を皮膚ごと削り落としてしまって、皮膚が傷ついてしまうのですΣ(|||▽||| )コワッ

値段の安いカミソリを使っている場合には月1本から2本のペースで買い換えましょう。

そしてもう1つ。お風呂場に常備している カミソリは菌が繁殖し、大変危険です。

カミソリは一度使ったら浴室から出し、しっかり乾燥させ保管しましょう。

剃り方に気をつける

カミソリの使い方はつぎの2つに注意しましょう。

『一度で』『逆反りしない』

何度も同じところを剃ってはいけません。肌が傷ついてしまいます。

剃り残しがあったとしても、日を空けて剃り直す方が良いでしょう。( ̄・ ̄;)ガマンガマン

また、逆反り(毛の生えてる向きと逆に剃ること)は、ムダ毛を根元から剃れますが、これも肌のトラブルの大きな原因です。

ムダ毛の流れに沿ってカミソリを滑らせましょう。

シェービング剤を忘れずに

ムダ毛を剃るときはシェービング剤を使いましょう。

ついつい石鹸やボディソープを使って、ムダ毛を剃ってしまう人も多いかもしれませんが、それは乾燥肌になるだけです。

専用のシェービング剤を使いましょうね。

生理の時はやめましょう

生理中は敏感肌になりがちです。少しの刺激で肌トラブルが起きてしまいます。

カミソリ負けのしやすい肌になっているので、生理中のムダ毛処理は控えるようにしましょう。

どうしても気になる人はカミソリを使わずに電動シェーバーなどで対応すると良いでしょう。

 

このように、少し気をつけるだけでムダ毛処理による肌トラブルを防ぐことができるのです。

肌トラブルを起こさないよう、正しいムダ毛処理をして、夏を楽しみましょう!

女性の皆さん!頑張ってくださいね!o( ̄▽ ̄o)(o ̄▽ ̄)oワクワク

【スポンサードリンク】