銀歯

金属アレルギーをご存知ですか?金属アレルギーとは、その名の通り、金属に対するアレルギーを持っていることを言います。

湿疹やアトピー性皮膚炎のような症状など、金属アレルギーによる症状は実に様々で、特定の金属に反応する場合もあれば、どの金属に対してもアレルギー反応がでてしまう場合もあります。

また、体調が悪くなるとアレルギー症状がでて、体調がよいと何も起こらないなど、体調にも大きく左右されるのも金属アレルギーの特徴です。

金属アレルギーは、ある日突然発症することも多く、一度なってしまうと完治はほとんど難しいといわれています。金属にふれないよう対策をすることが必要です。

金属を身に着けない、金属に触れないようにしているのに、なかなか症状が落ち着かないとお悩みの方はいませんか?、実は金属アレルギーがなかなか治らないときの落とし穴があるんです。

その落とし穴とは、口のなかにある銀歯なのです。口の中とはなかなか気づけませんよね。

このように、金属アレルギー対策をすることには、さまざまな部位にある金属を探さなければならないのです。

ここでは、『口の中の銀歯で湿疹?それともアトピー性皮膚炎なの?金属アレルギーを知ろう!』についてお話します。

金属アレルギーって何?

最初におおよそのお話しましたが、金属アレルギーとは、金属に対するアレルギー反応のことを言います。

金属は、水分のあるところでは、金属イオンになって溶け出していきます。

その溶け出した金属イオンにアレルギー反応を起こすんです。

金属アレルギーの症状

金属アレルギーの症状は次の通りです。

  • 金属に触れている部分が赤くなる
  • 金属に触れている部分が白くなる
  • 水泡ができる
  • 膿疱ができる

金属に触れている部分は炎症を起こします。炎症が起きた部分が赤くなったり、白くなったりします。

そして、金属に触れていない部分も含めて、一部・全身に水泡や膿疱ができることがあります。(゚ー゚;Aアセアセ

 

見落としがちな銀歯  =( ̄□ ̄;)⇒

先ほどもお話ししましたが、金属アレルギーは、ある日急に発症することがあります。

生まれつき金属アレルギーなら、その後の歯科治療も金属アレルギー対策をしますが、大人になってから発症した場合、見落としやすいのが銀歯なんです。

銀歯周辺に炎症反応が出ている場合なら、見つけやすいのですが、全身の発疹だった場合、歯が原因だなんてなかなかたどり着けませんよね。

他にも注意したいのが、昔の歯科治療の部位をもう一度確認しましょう。昔の詰め物には水銀が含まれていることが多く、銀歯をしていない場合でも、治療痕に水銀が入っている場合、そこからアレルギーを発症してしまうことがあります。

 

アトピーの原因が銀歯?!

いつからかアトピーの症状に悩まされていて、薬も効きにくく、体調にも大きく左右されるアトピー症状、原因は金属アレルギーによることがあります。

金属アレルギーの症状は、アトピー性皮膚炎に似た症状で、してしまう例も意外と多いのです。

なかなかアトピーの薬が効かない人、もしかしたら金属アレルギーによるものではありませんか?

一度、アレルギー検査をしてもらうことをお勧めします。

 

金属を使わない歯科治療

近年医学は進歩の一途をたどっていますが、それは歯科治療も同じです。

歯科治療に金属ではないものを使うことができるようになっています。

金属を使わない歯科治療の例をあげてみました。次の通りです。

  • コンポジットレジン(保険適用)
  • プラスチックのかぶせもの(保険適用)
  • セラミック(保険適用外)
  • フックに貴族を使わない入れ歯(保険適用外)

 

他にも様々なものがありますが、一例としてあげてみました。

コンポジットレジンとは、簡単に言うと、白い詰め物のことです。最近の歯科治療では活用されていて、金属アレルギーの人には特におススメです。

 

一度検査を

金属アレルギーについてお話してきましたが、簡単におさらいをしてみましょう。

 

金属アレルギーの症状は『全身または金属に触れている部分』に『発疹や膿疱などの皮膚トラブル』が起こります。その症状は、『アトピー性皮膚炎』によく似ていて、長期のアトピーにお悩みの方は金属アレルギーを疑ってみるのもよいでしょう。

 

金属アレルギーは、花粉症のように『ある日急に発症』することもあるので、一度アレルギー検査をしてみるとよいでしょう。

【スポンサードリンク】