鼻血

朝起きてびっくり!!w|;゚ロ゚|w ヌォオオオオ!!

可愛い可愛い我が子の顔が血まみれになって驚くことはありませんか?『うちの子鼻血がよくでるの(T_T)』と悩んでるお母さんは多いでしょう。

実際、筆者の息子も中学生になった今でも本当によく鼻血が出る子どもです( ̄_ ̄ i) チノケガオオイノカシラ

慣れてくると『また鼻血が出たね~』と思いますが、そう言いつつも、何か病気が隠れているんじゃないかと心配になるものです。

実は、子供がよく鼻血を出すことにはちゃんとした理由があるんです!!

そして、子供がよく朝鼻血を出すなんてことも、よく聞きます∑ヾ( ̄0 ̄;ノ  ソウナノ?

なかでも、『朝の鼻血は大丈夫なのか?』と心配してるお母さん。安心してくださいね!

今日は、『子供が朝からよく鼻血を出すことは大丈夫なのか?病気が隠れている可能性はないのか』についてお話しします。

【スポンサードリンク】

子供の鼻血

結論から言うと、そもそも子供は鼻血が出やすいです。

なぜ子供は鼻血が出やすいか、それは子供の鼻の粘膜が大人より弱いからなんです。

だからちょっとしたことで鼻血が出てしまいます。

子供が鼻血を出す主な原因を見てみましょう。

鼻いじり

特にアレルギー性鼻炎や副鼻腔炎を患った子はよく鼻血を出します

鼻の不快症状で寝ている時など思わず鼻をこすってしまうことが多いからなんです。

血液量が増えた時

血液量が増えて鼻血が出てしまうことがあります。血液量が増えてしまうときとは次のようなことのときです。

  • 遊んでいる時
  • のぼせている時
  • 運動している時
  • 興奮している時

見ての通り子供らしくいることが鼻血がでやすい環境につながってしまうということなんです(ノ_・。) ナンテコッタ・・・

病気が隠れているときも

白血病や血友病が隠れている場合があります。他には、肝機能障害を患った時にもよく鼻血が出ることがあります。

こんな症状は要注意!!

鼻血が出たときに、また頻繁に出ているとき、心配になりますよね。そんなときは次のことを観察してみてください。

  1. 鼻血の量
  2. 止血時間
  3. 他の体調不良

鼻血の量が大量であった場合、10分以上止血ができない場合、また他に発熱や体のだるさなど、異常が出た場合にはすぐに病院へ行きましょう。

朝の鼻血

子供が朝に鼻血をよく出すのは、どうしてなのでしょうか。

先ほどもお話しした通り、鼻の不快症状によるかゆみで、寝ている時に鼻をこすってしまったりすることがあります。

そのため、朝に鼻血を出してしまうことが多いのでしょう。

【スポンサードリンク】

鼻血の対処法

鼻血が出た時は次の2つが大切です。

  1. 鼻血を止める
  2. クールダウン

鼻血を止める

まずは鼻血を止めましょう。鼻血を止める方法は次の通りです。

  1. 下を向く
  2. ティッシュで押さえる
  3. 小鼻をつまむ

簡単ですよね。この方法だと大体は5分以内で鼻血が止まります。

小鼻に止血ポイントがあるのは意外でしたヾ(;´▽`A“ フフフ

クールダウン

子供は元気よく遊んだ時など、のぼせたり、興奮した時に血液量が増え鼻血が出ます。

このため、クールダウンすることが必要です。

冷やすのはもちろんのこと静かに座って、体を落ち着かせましょう。

これはしてはいけません

有名だけど間違っている鼻血の止め方を、ご紹介します。

やってはいけないこと

  • 鼻にティッシュを詰める
  • 上を向く
  • 首の後ろを叩く

子供の頃から鼻血を止める方法としてよく知られたこの方法、絶対行ってはいけません

鼻にティッシュを詰めると、冷たティッシュを取る時にまた鼻血が出てしまいます。

上を向いたら喉に鼻血が垂れてきて、喉が痛くなったり胸が悪くなったりすることもあります。

首の後ろを叩く(–,)

これは完全根拠がありません。

なぜこんなにも昔から鼻血を止める方法として知られているのでしょうか(笑)・・・謎です。

鼻血を出さないよう予防しよう

  • ビタミンAを多くとる
  • 鼻の不快症状を治す。

ビタミンA が不足していると乾燥して肌が傷つきやすくなります。なので、ビタミンAを多く摂るようにしましょう。

ビタミンAを多く含む食材は次の通りです。

  • レバー
  • 卵黄
  • ほうれん草など、

ビタミンAを含む野菜は、油と一緒に摂ることで吸収力がアップします。積極的に摂取していきたいですね。

鼻の不快症状を治す

鼻の不快症状(副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎)が治っていなければどんなに対策をしても予防をしても意味がありません。

なので、季節の変わり目などに鼻血が出やすいなと感じたら耳鼻科にかかりましょう。

まずは鼻の不快症状を治すことが先決です。

まとめ

いろいろ見てきましたが復習しましょう。

子供は鼻の粘膜が大人より弱いためよく鼻血を出します。

鼻血が出る主な原因は、鼻をいじってしまうことまたは血液量が増えた時です。

鼻血が長期間続く場合又はなかなか止まらない場合には耳鼻科にかかって病気が隠れていないか調べてもらいましょう。

鼻血が出た時には『①下を向き、②ティッシュで抑え、③鼻をつまみ、3分程度待ちましょう』

日々の生活としてはビタミンAを積極的に取り込みましょう。そして鼻の不快症状がある場合にはしっかり治療をして治すことが大切です。

このように子供の鼻血は、10分以内で止まっている場合においてはあまり心配しすぎる必要はありません。

鼻血が出る時間帯もおおよそ心配は要りません。

大人になるにつれ症状が落ち着いてくるので安心して下さいね。

【スポンサードリンク】