ふくらはぎ子供がふくらはぎを痛がったことはありませんか?幅広い年齢層でふくらはぎの不調を訴える子供は多いものです。

実は、ふくらはぎが痛むことにはそれぞれの年齢にあわせた原因があり、しっかり見極めることが必要となってきます。∩`・◇・)ハイッ!!

ここでは、『子供のふくらはぎが痛いときの考えられる原因、病院へ行かなくては行けない場合』についてお話します。

【スポンサードリンク】

ふくらはぎが痛い原因  ヽ( ´_つ`)ノ ?

子供がふくらはぎを痛がったとき、考えられる原因は次の4つです。

  1. 疲れ
  2. ストレス
  3. 成長痛
  4. 骨端症

疲れ  ( -.-) =з

子供の体は、筋肉・骨・関節などが成長段階です。まだまだ未発達な体を目一杯動かすことで、筋肉・骨・関節が疲れきってしまい、そのためふくらはぎが痛くなってしまうのです。

原因が疲れの場合には、ゆっくり休ませましょう。

ストレス (;へ:)

幼児期にふくらはぎが痛くなる原因のほとんどが、ストレスによるものです。

ストレスとは、大人のようなつらいことによる心労というより、幼児期の場合には、不安やさみしさがほとんどです

兄弟ができたときや、入園、引越しなど環境が変化したときに起こることが多いようです。

この場合は、『大丈夫だよ』と声をかけたり、抱きしめたりとスキンシップを意識してあげましょう。

成長痛

成長痛とは、骨が急成長したことで、成長に追いつけなかった腱や筋肉が必要以上に伸ばされたことで起こる痛みです。

成長痛がよく起こる時期は、意外にも3歳~5才頃の幼児期なんです。w( ̄o ̄)w オオー!

骨の急成長なので、『大きくなるね!』と声をかけ、励ましてあげましょう。あまりに痛がる場合には病院へ行って相談しましょう。

骨端症 (オスグット病)

小学校の高学年以上の子供に増えてくるのが、骨端症(こったんしょう)です。別名、オスグット病とも呼ばれ聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

高学年以上になってくると、日々の活動量も増えるうえにスポーツも合わせてする子が増えてきますよね。ε=ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛ フハハハハ

骨端症は、特に激しいスポーツをする子に多く、足を使いすぎたことによる軟骨の炎症が原因とされています。

主な症状は、膝の痛みですが、ふくらはぎやかかとまで痛む子も多く、スポーツの一時中断が求められてきます。

 

このように、年齢別でさまざまな症状が表れることがある、ふくらはぎの痛み。

それぞれにあわせた適切な処置をとっいきたいですよね。

 

【スポンサードリンク】

ふくらはぎが痛くなったら  。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。クゥゥゥゥゥ

ふくらはぎが痛くなったときは次のように対処しましょう。

まずは観察  (  ・ _ ・  )ジー

ふくらはぎのどこが痛いのか、どのようにいたいのか、また、いつから痛むのかしっかり観察しましょう。

思い当たる原因がないかをみることが必要です。

処置

  1. 使いすぎたら休ませる
  2. 幼児期だったら、スキンシップを大切に
  3. スポーツが原因なら病院へ
  4. 症状が長引く場合には病院へ

1.使いすぎたら休ませる

足を沢山使って疲れたら、しっかり休ませましょう。お風呂でもんであげても効果が高いですね。

 

2.幼児期だったら、スキンシップを大切に

さきほどもお話しましたが、幼児期の環境変化があったときには、スキンシップを沢山とって安心させてあげましょう。

 

3.スポーツが原因なら病院へ

ここで、おススメなのは、スポーツ専門の病院がよいでしょう。

高学年にもなると、スポーツを休まなければいけなくなるのは本当につらいものです。

足に違和感がでた時点で受診したら、どういう風にして対処していくべきか、スポーツができる方向での処置をしてくれるのが、スポーツ専門の病院です。

骨端症は、我慢したり、無理すると悪化してスポーツができない状態になってしまう症状です。早めの治療とメンテナンスで対処していきましょう。

 

子供の不調、しっかり向き合って

子供は、体も心も未熟です。少しのきっかけで、いろんなところに不調がでます。

ときには、大げさなときもあるでしょう。でも、それは、子供からの心のサインだったりします。

逆に、高学年期に入ると、小さな不調をいわないこともでてきます

症状が小さいうちから向き合う環境づくりを幼い頃から気付いていけるようにしていきたいですね。

┌(・。・)┘♪└(・。・)┐♪┌(・。・)┘ ゲンキナカラダ ┌(・。・)┘♪└(・。・)┐♪┌(・。・)┘

【スポンサードリンク】