こんにゃく

こんにゃくって、ヘルシーなイメージが大きいですよね。『低カロリーだからダイエットにも最適!!』とよく言われています。

でも実は、こんにゃくには、ヘルシーだけじゃなくて、驚くほどの栄養効果があるのをご存知ですか?∑ヾ( ̄0 ̄;ノ ソーナノッ??

『健康的にダイエットをしたい』と考えている妊婦さんにオススメの、『体調がよくなって体重増加を防ぐこともできる食材』がこんにゃくなのです。

ここでは、『妊婦さんの体重管理におススメの食材!こんにゃくの高い栄養効果』についてお話します。

こんにゃくに含まれる栄養から、どんな働きをするのかまでしっかりまとめたので、早速こんにゃくについて、栄養効果を見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

こんにゃくって何でできてるの?

こんにゃくは、サトイモ科のこんにゃく芋からできています。プニプニとした食感で、様々な料理に活用できます。こんにゃくの種類はこんにゃく・糸こんにゃく・しらたきなど、実に様々なんです。

こんにゃくの栄養

こんにゃくには、次のような栄養があります。

  • グルコマンナン
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • セラミド

グルコマンナンは食物繊維の一種で消化できないものです。こんにゃくの主成分となっておりこのグルコマンナンが様々な働きをしてくれるのです。

こんにゃくの効果

栄養成分が分かったところで、その栄養成分がどのような効果を発揮するのか見ていきましょう。

グルコマンナン

グルコマンナンは、摂取した脂質や糖質の吸収を妨げるはたらきがあります。
m(;∇;)m スゴーーー…

それにより血糖値や血中コレステロールの数値を下げ、メタボ予防やメタボの改善効果が発揮されます。

また、グルコマンナンは食物繊維でできているので便秘の改善にも役立ちます。便秘が改善されるということは肌荒れも防止することにつながるので、美容効果も高いと言えます。

カルシウム

カルシウムは骨の強化や、脳神経を正常に働かせる役割があります。

妊娠中に心配されるカルシウム不足を補うことが出来ますね。

マグネシウム

マグネシウムは、偏頭痛の緩和に役立ちます。妊娠中は、ほとんど薬が飲めないので、なるべく偏頭痛に悩まされる回数を減らしたいですよね。

セラミド

セラミドは、アレルギーにバリアをはるはたらきがあります。
このことによって、花粉症やアレルギーの軽減が期待されます。

このようにこんにゃくの栄養分で様々な効果が発揮される事が分かりますね。

【スポンサードリンク】

妊娠中の体重増加に強い味方

こんにゃくは、カロリーが低い( ^m^) フフ ・・というのが一般的に言われていますが、実はこれだけの栄養効果を発揮できる食べ物なのです。

こんにゃくの栄養効果をおさらいしてみましょう。

  • 脂質・糖質の吸収率を下げ、さらに、整腸作用のため、便秘を改善
  • 骨を強化し、脳の興奮(イライラ)を抑える
  • 片頭痛の緩和
  • 花粉症やアレルギーを軽減

このような特徴から、やせやすい体をつくりたいと考える方にはおススメの食材なんです。

よく知られているカロリーが低いというのも100g あたり5キロカロリー程度なので、たくさん食べても問題ないですね。

体重増加を心配している妊婦さん、ぜひ役立ててくださいね。

 

【スポンサードリンク】