目

ピクピクピクピク・・・・!目の痙攣ってわずらわしいですよね( ̄Д ̄;;

筆者も目の痙攣には、よく悩まされています(-“-;A ムムム(本当にわずらわしいです)

まぶたの痙攣は様々な部位で怒りますが、その原因は実にシンプルなものなのをご存知ですか?

まぶたに起こる痙攣の原因をつかみましょう!そして、早めに予防や対策をしてなるべくならまぶたの痙攣を回避していきたいものです。

このわずらわしい(本当にイヤです)まぶたの痙攣。症状によっては病気が隠れてるかもしれません。若干、心配になっている筆者であります。

『ただのストレスか』と放っておいてよいのでしょうか。( ̄ー ̄; ヒヤリ

目の痙攣が、上まぶたに起こったとしても、下まぶたに起こったとしても必ず原因があるはずです!その原因をつかまなければいけません!

しかも!!まぶたの痙攣って、1度なるとなかなかとまりませんよね(本当にわずらわしい!(  ̄っ ̄)ムゥ)

ここでは、『目の痙攣の症状を見て、原因は何か、病気は隠れていないか、チェックするべきこと』についてお話しします。

何度もしつこいですが、この『わずらわしい』目の痙攣を回避しましょう!!

【スポンサードリンク】

目の痙攣とは

目の痙攣が起こる部位は、主に次の4箇所です。

  1. 上まぶた
  2. 下まぶた
  3. 両まぶた
  4. 片まぶた

この部位が痙攣起こすことが多いとされています。心当たりのある方も多いのではないでしょうか。

なかなか治らないまぶたの痙攣。ではさっそく、痙攣の症状別に原因を見てみましょう。

  1. 短期間のまぶたの痙攣
  2. 長期間のまぶたの痙攣

短期間のまぶたの痙攣

一般的に多いとされているまぶたの痙攣は、短期間で症状が治まります。一時的なまぶたの痙攣は、眼瞼ミオキミア(がんけんミオキミア)と呼ばれます。

主な原因は次の通りです。

目の疲れ

長時間目を使い続けたことによる目の疲れが原因です。ゲームやテレビ、スマホなどを休みなく見ていませんか?(¬¬)ジロリ

ドライアイ

な、なんと∑( ̄Д ̄;)!ドライアイは多くの女性が悩んでいる女性に多い症状なんです!原因は、加齢による機能の衰えがほとんどです。

睡眠不足

睡眠不足はよくないですね~・・・。体が不調になるときはほとんどが睡眠不足がきっかけになっています。睡眠不足は、体の様々な機能を鈍らせてしまいますし、抵抗能力もさげてしまいます

ストレス

子供の『チック症』などがわかりやすいでしょう。子供はストレスを強く感じたとき、まばたきの回数が異常にふえてしまうことがあります(T_T)ストレス。

大人も、『チック症』ではないものの、強いストレスを抱えたときにまぶたの痙攣がおきることがあります(T_T)ストレス。

また、ストレスによって、不眠を引き起こすことがまぶたの痙攣につながることもあるのです。

長期間のまぶたの痙攣

まぶたの痙攣がなかなか治らない時には眼科へ行きましょう。長期間継続してまぶたが痙攣するときの主な原因は、脳神経のトラブルによるものが多いようです。他には、睡眠薬や抗不安薬を長期服用している場合に起こることもあります。

脳神経のトラブルによるまぶたの痙攣は、目の痙攣だけではなく、瞬きができない・目が開けにくいなど、痙攣の他にも症状がみられるのが特徴です。

脳神経トラブルによるまぶたの痙攣の症状は次の通りです。

  • 光が眩しい
  • ピクピクする
  • 目が開けられない
  • 目が乾く  など

このように一時的に起こるまぶたの痙攣とは違い、痙攣以外でも様々な症状が現れます。

【スポンサードリンク】

病院へ行きべきかのチェックポイント

まぶたの痙攣が、病気によるものなのか不安になったときには次のことをチェックしてみましょう。

  1. 一時的な痙攣なのか、継続的な痙攣なのか
  2. 痙攣以外の症状があるか(見え方、痛み、かゆみ、まぶしさなど)
  3. まぶたの痙攣以外の症状があるか(頭痛、だるさ、発熱、吐き気)

このように、目の痙攣が続く場合や、目の痙攣以外に症状があった場合には病院にいきましょうね。

 

早めに予防、早めの対策

まぶたの痙攣が起こらないように予防や対策を取りましょう。

いままでのことを振り返りながらしっかり復習しましょうね。

短期間のまぶたの痙攣の対策は次の通りです。

  • 目を休める
  • 睡眠不足を解消する
  • マッサージなどをして血行を良くする

このように短期間の目の痙攣は、対策をとることで症状がずいぶん緩和されます。

目の痙攣のほとんどは疲労やストレスが原因となっています。

まぶたの痙攣が起きた時には、疲労やストレスになっている原因を取り除いてみましょう。

それでもまぶたの痙攣が続く場合には、すぐ眼科に行きましょうね。

【スポンサードリンク】