無題女性特有の病気として、認識されている更年期障害が、男性にもあった!!

ストレスや、イライラ、押し寄せる、拭い切れない不安の原因が解らず、一人、苦しんでいる男性はいませんか??

苦しい更年期に効果的な漢方薬とは??

『今回は、男性に訪れる、更年期障害と、この更年期障害に、効果的な漢方薬についてのお話です。』

【スポンサードリンク】

イライラ、不安、ストレス、男性の更年期障害に漢方薬!?

男性の更年期障害を、発症すると、イライラや、押し寄せる拭い切れないほどの不安、ストレスを感じている方がほとんどです。

時に症状が落ち着いて、時に、我慢するには苦しい時や、不安な時があり、それは、まるで波の満ち引きのように訪れて、苦しさが増していきます。

①自分で、自分がコントロ-ル出来ない苦しさ!!

②他人に、理解されない苦しさ!!

このような更年期障害に用いる漢方薬とは??

更年期障害に用いられる漢方薬の種類

①代表的な更年期障害に用いる漢方薬に、八味地黄丸と書いて、はちみじおうがん、と、読む漢方薬があります。

更年期障害の症状である、体の冷え、生殖器、泌尿器の弱りがみられる方などに処方されますが、必ず、専門医、薬剤師の指示に従って服用して下さい。

八味地黄丸は、暑がりな方や、胃腸の弱い方は、控えなければいけません。

②柴胡加竜骨牡蠣湯と書いて、さいこかりゅうこつぼれいとう、と、読む漢方薬があります。

10種類以上の生薬が配合されていて、ストレス症状の不眠や、不安感、イライラ、体にたまった熱を冷ますことに効果があります。

うつ病や、パニック障害などの精神疾患にも用いられますが、自己判断で服用せずに、専門医や、薬剤師に相談の上、服用を!!

代表的な漢方薬を取り上げましたが、他にも、沢山の漢方薬があります。

副作用

漢方薬は、副作用が少なく、身体の機能を、体の中から復活させる働きがあります。

しかし、副作用が無い薬は無いに等しいです。

自己判断で飲むのではなく、専門医や、薬剤師に、自分の症状を的確に伝え、適切な処方と、服用が大切です。

【スポンサードリンク】

自己判断

また、様々な症状を感じているのに、年齢的に老化のせいだとか、これは、更年期障害だとか、勝手に自己判断してはいけません。

同じような症状を発症する病気があります。

更年期障害の原因

①男性ホルモンの低下

②自律神経の乱れ

更年期障害になりやすいタイプ

真面目で、責任感の強い、運動量が少ない男性

更年期障害の症状

上記のような男性が、元気がなくなり、仕事に行くのも嫌になり、眠れない、汗をかく、イライラする、人に会うのが不安、体の冷えや、ほてり、排尿の回数が増える、排尿、排便困難、だるい、疲れる、お出掛けが億劫になる、全てが嫌になるなど、人によって、様々な症状を発症します。

診断

男性の更年期障害は、血液検査で診断されます。

血液中の、男性ホルモンの濃度の検査を受けて診断してもらえます。

最後に

更年期障害は、発症してしまった本人だけではなく、家族や、周囲の方々にも戸惑いや、疲労感を与えてしまう病気です。

家族の大黒柱として、家族を支え、社会や、会社を支えていた働き盛りの男性が、働けないような症状に苦しむのです。

それを支える家族が、理解して接するのは、忍耐力との戦いの日々にもなりかねません。

近年若年化傾向で、増加している更年期障害の認知度を上げて、社会問題としての取り組みも必要不可欠になってきています。

 

 

 

 

 

【スポンサードリンク】