ママとも近年問題となっているのが、ママ友同士の無視やいじめなどのトラブル。

保育園や幼稚園、小学校までさまざまな保護者同士が『ママ友』として付き合い、そしてささいなことから大きなトラブルに発展してしまうものです。

このようなママ友同士のトラブルに巻き込まれ悩んでいるお母さんは多いはず。このようなトラブルに上手に対処していきたいですよね。

ここでは、『保育園・幼稚園のママ友からの無視やいじめに上手く対処する方法』をお教えいたします。

ママ友トラブルに負けることなく自分らしさをもっていきましょう!

【スポンサードリンク】

ママ友トラブル代表『無視』

ママ友トラブルに1番多いのは『無視』です。無視には次のような事例があげられます。

  1. 挨拶を無視
  2. LINEを無視
  3. 仲間外れ

挨拶を無視

この事例は本当に多く耳にします。保育園・幼稚園で会って挨拶しても聞こえない振りをするといった事例です。

筆者は12年間保護者という立場をしていますが、ママ友同士の無視は見たり、聞いたり、されたりと何度か経験しましたね。

挨拶を無視されるのは本当に不快なことで悩むお母さんが多いのもわかります。

LINEを無視

『LINEに既読がつかない。』『LINEのグループから外された。』など、このような話もあります。

LINEに振り回される人が多いのも、現代ならではですよね。

仲間外れ

いつも固定のメンバーでランチしたり、集まっていたのに自分だけ外されている。気がついたら、自分以外でLINEのグループができていた。といったようなこともママ友トラブルでよく起こることではないでしょうか。

ママ友トラブルに遭遇したら

では、いざママ友トラブルに遭遇してしまったらどうすればよいのでしょう。対処法をみてみましょう。

原因は些細なことばかり

いじめられているママさん自身によっぽどの原因がない場合のいじめの原因はほとんどが些細なことです。

  • 自分の子が怪我させられた。
  • 挨拶されたら無視された。
  • 付き合いが悪い。
  • なんとなく気に食わない。

このような半ば言いがかりのようなことを平然と公言する人もそこに乗る人も筆者は見てきました。

自身に思い当たる原因がない場合には、このようなことまで対処するのは正直無理です。

【スポンサードリンク】

ママ友に無視されたときの対処法

自身に思い当たる原因がない場合には次のような対処法を実践してみるとよいでしょう。

  1. 毅然(きぜん)とした態度
  2. あいさつは元気よく
  3. 悪口は言わない
  4. 相談や愚痴は保育園・幼稚園とは関係のない人
  5. 近寄らない

毅然(きぜん)とした態度

何も落ち込むことも怒ることもありません。『何もなかったこと』にしましょう。

こういう状態で、落ち込んだり怒ったりするとますます相手が喜んでつっついてきます。

何も気付かないフリをすることが賢明です。

あいさつは元気よく

どんない無視されても大きな声と笑顔で挨拶をしましょう。前項でお話した『毅然たる態度』を1番表せる行動が挨拶です。挨拶は親として、人として1番大切なことです。

お子さんが見ています。人として当たり前の挨拶はわすれずにしましょうね。

悪口は言わない

『〇〇さんって最近・・・』なんて話しかけてくる人もいるかもしれません。でも一切の悪口は禁物です。じっと耐えてかわしましょう。

知りたがり屋のママさんにつかまってしまったらますますトラブルが大きくなってしまいます。

それに、いじめているグループ以外にも沢山の人がいるのがママ友の世界。他の人はしっかり見ています。悪口を言っているグループと悪口を言わない人、人徳を得られるのは悪口を言わない人です。

相談や愚痴は保育園・幼稚園とは関係のない人

そうはいっても、無視されているのはとてもつらいこと。我慢も限界があります。そんな愚痴や相談をする人は、親や配偶者・旧友など、子供の保護者と一切かかわらない人にしましょう。

そのほうが親身になってくれますし、適度に吐き出すことも大切です。

近寄らない

これが1番大切なことです。無駄に近寄らないようにしましょう。無視される原因を聞いたところで答えてくれるわけでもありません。

気を使って近寄っていこうものならいいようにされるか、余計にいじめのターゲットになってしまいます。

大人の付き合いをしましょう。遠慮した関係をわざわざ自分から作り上げる必要はありません。

ママ友は友達じゃない

近年話題になることが多いママ友同士のトラブル。

でも、よく考えてみてください。ママ友関係は、子供の保護者同士というだけです。

無視をしたり、陰口を言っている、またはその陰口に乗っている時点で友達ではありません。

ママ友との関係には一線をおく強さも子供を育てる親として必要です。

気持ちを切り替えて上手に乗り切ってくださいね。

【スポンサードリンク】