img_1713

ふと、ある日見つけた足の裏にある茶色いシミ。ほくろでもないし、内出血でもなさそう・・・。どこかで怪我でもしたのかな?なんて思っていたら、次に見たときにはありえないほどの大きさに・・・!

これが『メラノーマ』です。

みなさんは、メラノーマという病気を知っていますか?メラノーマとは、悪性黒色腫といい、いわゆるがんです。

一時、『足の裏のほくろには注意』とメディアでも騒がれていましたが、足の裏のほくろには、メラノーマの疑いがあるということだったんですね。

日本人は、手のひらや足の裏、手足の爪にできることが多いと言われるメラノーマですが、シミやほくろと見分ける方法はあるのでしょうか?

ここでは、『足の裏にできた茶色のシミ、内出血じゃなくてメラノーマ?!』について、お話しいたします。

【スポンサードリンク】

メラノーマとは?

メラノーマとは、悪性黒色腫、皮膚がんの1つです。

発生原因は、はっきりとはしていませんが、紫外線が強い地域での発生率が高いことから、紫外線が原因の一つであると考えられています。

日本での発生数は10万人に1.5人から2人、年間1500人から2000人が発症しています。

メラノーマの5年の生存率は次のとおりです。

  • ステージ1  70から100%
  • ステージ2  50%
  • ステージ3  20%
  • ステージ4  10%

数字だけで見ると、ステージ3から生存率がぐっと下がっています。このことから、メラノーマは早期発見がなによりも大切だということがわかります。

また、メラノーマは転移する確率が高いと言われています。それは、メラノーマができる表皮という場所のすぐ下にリンパや血管がある真皮という場所があるからなんです。メラノーマができる表皮からリンパ・血管のある真皮まではおよそ1mm。このリンパや血管から全身へとがんが運ばれ全身へと転移してしまうのです。全身へ転移すれば、治療は困難を極めるので、何よりも早い発見が大切なんですね。

さらに、メラノーマに効果のある抗がん剤が今のところなく、近年、流通するのではないかと言われている状態です。

メラノーマを見極め、早期発見に尽力しなければなりません。

【スポンサードリンク】

メラノーマの特徴  ほくろとの違い

メラノーマを見極めるため、メラノーマとほくろの違いを見ていきましょう。

ほくろの特徴

  • 左右対称
  • 色が均一
  • 肌との境界線が鮮明

メラノーマの特徴

  • 左右対称じゃない
  • 色が均一ではない
  • 境界線がはっきりせず周囲がギザギザの形
  • 直径6mm以上
  • 短期間で大きくなる

 

このように見比べてみると、ほくろは『円形』が特徴であるのに対し、メラノーマは『形がいびつ』そして最大の特徴、『急激に大きくなる』ということです。

メラノーマの大きさですが、ここでは直径6mmとさせてもらいました。それは、『直径7mm以上の大きさは転移の目安』と考えられているからです。

直径6ミリとは、5円玉の穴ぐらいの大きさです。重ね合わせて、はみ出すようであればメラノーマ疑いましょう。

早めの対処が必須

先ほどもお話ししたとおり、メラノーマは症状が進むスピードがとても速いです。

次のことをよく観察し、気になることがあれば、すぐに病院に行って検査をしましょう。

  • 色・形・肌との境界線
  • 大きくなったかもと思った時点で病院

このように、少しでもおかしいなと感じた時点で病院に行くことが早期発見へ繋がっていきます。

がんになってから、『たられば』を考えることのないよう、不安なときの行動力がとても大切ですよ。

【スポンサードリンク】