%e7%84%a1%e9%a1%8cみなさんはコーヒー好きですか?筆者は、コーヒーが大好きです。最近ではコンビニでも販売されていて、どこでも手軽にのめる印象があります。このコーヒー、実は飲み方によっては、ダイエットに効果的だったり、逆効果になってしまったりするようなんです^^;

コーヒー好きの筆者としては、捨て置けないこの事案、しっかり調べてきましたよ!

コーヒーの飲み方はそれぞれ、沢山ありますよね。例えば、砂糖を入れて飲む、ミルクを入れて飲む、はたまた、アイスかホットか、飲む時間なども人それぞれです。

今回は、その中でも『寝る前に飲むコーヒー』が太るのか瘦せるのか、ダイエットとの関係について調べてきました。

ここでは、『寝る前のコーヒーは太るのか、痩せるのか?!ダイエットに効果的なコーヒーの飲み方』についてお話いたします。

【スポンサードリンク】

寝る前に飲むコーヒーの効果

寝る前にコーヒーを飲むと、どのような効果があるのでしょうか?コーヒーが与える影響と、ダイエットとの関係を合わせてみてみましょう。

コーヒーに含まれるカフェインのはたらき

カフェインの働きはつぎの3つです。

  1. リラックス効果
  2. 筋肉疲労を解消する効果
  3. 血流をよくする効果

コーヒーを飲むことによって、この3つの働きがあります。血流をよくするといった働きでは、具体的に話すと、体の熱を上手に発散してくれます。また、脳のクールダウンをし、脳の興奮を抑えるはたらきもあります。

コーヒーとダイエットの関係

結論から言うと、寝る前のコーヒーは、ダイエット中の方には不向きな飲み方です。

それは、カフェインに含まれるリパーゼという成分が関係してきます。

リパーゼのはたらきは、血液の流れをよくすること脂肪の分解能力を高めること、そして利尿効果によるむくみの改善です。

リパーゼは消化酵素を活発にするので、血流をよくして痩せやすい体を作り、脂肪の分解能力を高めることで、食べても太りにくい体を作り、そして、利尿効果で体内の余計な水分を排出するというというダイエットに効果的な3つの働きがあります

でも、一方で、飲みすぎると、脳が興奮状態になり、不眠を引き起こしてしまいます

ズバリ不眠はダイエットの強敵!睡眠不足は食欲を必要以上に増幅してしまいます。そのため、寝る前にコーヒーを飲むことは、不眠による影響で太りやすい環境を生み出してしまうというわけなんです。

では、どのようにコーヒーを飲むと、リパーゼのダイエット効果を十分に発揮できるのでしょうか。

【スポンサードリンク】

コーヒーを飲んでダイエットを成功させよう!

先ほどお話しした、コーヒーに含まれるリパーゼのダイエット効果、

  1. 血液の流れをよくする
  2. 脂肪の分解能力を高める
  3. 利尿作用によるむくみ改善

この3つの働きを最大限に生かし、ダイエットの効果を高めるコーヒーの飲み方をご紹介します。

コーヒーに含まれるダイエット効果を高めるコーヒーの飲み方は次の通りです。

  • 1日3杯
  • 食後にのむ
  • 就寝時間の5時間前は飲まない
  • 仮眠前に飲む

1日3杯

先ほどもお話ししたとおり、コーヒーの飲みすぎは、リパーゼのダイエット効果だけではなく、ダイエットに逆効果の不眠をひきおこしてしまいます。

この『飲みすぎ』という目安として、コーヒーは1日3杯程度でおさめるようにしましょう。

食後にのむ

リパーゼの働きの1つ、『脂肪の分解能力の向上』を生かすためには、食後のコーヒーがおススメです。

食事中にとった脂肪分を効率よく分解してくれるので、食後にコーヒーを飲むとよいでしょう。

就寝時間の5時間前は飲まない

リパーゼの不眠効果は、コーヒーを飲んでからすぐに表れ、およそ5時間から6時間ほど不眠効果が続くとされています。

この働きから、コーヒーを飲むのは午前中、夕方頃までとしたほうがよいでしょう。

『コーヒー飲んでも眠くなるから大丈夫!』なんて思ってはいけませんよ。脳を興奮させた状態での睡眠は、決して良質な睡眠とはいえませんからね。

仮眠前に飲む

リパーゼの不眠効果を逆手に取る方法が、この『仮眠前のコーヒー』です。仮眠を浅い眠りにし、夜グッスリ眠れるようにするには、うってつけのコーヒーの飲み方です。

仮眠する前にコーヒーを飲んで、30分以内の仮眠をとるようにしましょう。

 

 

このように、コーヒーに含まれるリパーゼの働きは、ダイエットにとても効果的なものですが、コーヒーを飲む時間や、のむ量によっては、ダイエットに逆効果となってしまいます。

リパーゼの働きをしっかり押さえ、上手にコーヒーを飲んでダイエットの成功につなげていってくださいね!(*`д´)b OK!

【スポンサードリンク】