お風呂

お風呂掃除で1番手がかかるのがお風呂の鏡ではないでしょうか。お風呂の鏡は、何度掃除しても成果があがらないことが多く、いつも白いうろこ状の模様が入ってしまいますよね。

このお風呂の鏡についている水垢、一体どうやったらきれいになるのでしょうか。

お風呂の水垢の正体が何なのか知る必要がありますよね。

今回は、『お風呂の水垢撃退法!お風呂掃除で成果を上げたい人におススメな、水垢掃除方法』をお伝えいたします。

ここで、水垢掃除の方法をみて、新品同様のきれいな鏡を目指して実践してみてくださいね!

【スポンサードリンク】

水垢の正体とは?

お風呂の鏡につく、あの白いうろこ状のものの正体は一体何なんでしょうか。ズバリ!うろこ状の水垢の正体は、『水に含まれているマグネシウム・カルシウム』と『シャンプーなどの石けんカス』なんです。

この水垢はアルカリ性の性質をもっているため、酸性のもので対処すると効果が上がることになります。

水垢を落とそう

水垢を落とすためには次の2つの方法があります。

  1. 酸性の性質を利用する
  2. 研磨効果を利用する

酸性の性質はアルカリ性である水垢を中和しますから効果は高いでしょう。

また、研磨効果で擦り落とす際には、鏡の表面にコーティングがされているタイプには使えません

では、さっそくみてみましょう。

酸性の性質を利用する

  1. トイレクリーナー

トイレクリーナー

トイレクリーナーは身近な酸性洗剤の代表です。トイレクリーナーを布に含ませ擦りましょう。この方法は、軽い水垢を落とせます。

鏡の水垢を落とす際に1番おすすめなのが『酢』です。

酢を含ませた布で拭くとよいでしょう。

頑固な水垢汚れには、キッチンペーパーなどに酢を含ませ、鏡に貼り付けた上からラップで覆いましょう。

このシップ状態を30分程度放置してから、洗い流すときれいになります。

研磨効果を利用する

  1. 歯磨き粉
  2. ダイヤモンドパット

歯磨き粉

歯磨き粉には研磨剤が入っています。この研磨剤を利用して水垢を擦り落とします。タオルに少量の歯磨き粉をなじませて、鏡に円を描くように軽く擦ります。

この研磨効果は力を入れすぎると、鏡の表面に傷をつけてしまうことがあるので、地道にコツコツ落として行くことをおススメします。

ダイヤモンドパット

最近TVでも話題になることがある製品です。ダイヤモンドパットは、スポンジの表面に人工ダイヤモンドが埋め込まれています。使い方は、鏡とダイヤモンドパットを水にぬらしやさしく擦り落としていきます。

このダイヤモンドパットは、水垢を落とす効果が高いと高評価なので、1つ家にあってもよいですよね。

【スポンサードリンク】

重曹ってどうなの?

掃除といえば良く効くのが重曹。この重曹、水垢に効くのでしょうか。結論から言うと、水垢は落とせません

重曹は、アルカリ性の性質で、特性としても油を浮かすことは期待できますが、アルカリ性の塊である水垢を落とす効果はありません。

用途によって使い分けをすることが賢く無駄のない掃除ですね。

水垢対策でいつもきれいなお風呂の鏡

最後に、水垢がつかないような対策をお話しますね。

頑固な水垢汚れを作らないために、日々水垢対策をしておきましょう。

おススメな水垢対策

  1. 水分をふきとる
  2. カー用品のフッ素コーティングをつかう
  3. くもり止めを使う

お風呂から上がったら鏡の水分をふきとりましょう。これだけでかなり、水垢を防げます。

また、カー用品として販売されている、窓ガラスのフッ素コーティング、くもり止めをお風呂の鏡に塗っておくとよいでしょう。それだけで5日ほどは水垢から鏡を守ってくれます。

このように、水垢のアルカリ性という性質を理解して、酸性のお酢など、汚れにあったもので掃除しましょう。

ピカピカの鏡をみると気分が上がりますよ!

【スポンサードリンク】