%e7%84%a1%e9%a1%8c男性、女性問わず悩むこと、『お腹の肉』・・・。お腹ってどうしてお肉がつくのでしょうね?(筆者の心の声)

お腹周りにお肉がついてしまうことは、本人だけではなく、パートナーの悩みになっていることもあります。

彼女のお腹のお肉が気になっているけど言えない彼氏、彼氏のお腹のお肉が気になってしまい、言い続ける彼女・・・(笑)。

そんな悲しい現実から目をそらし、気づかないふりをしていませんか?目をそらしたまま時間がたってしまうと、大変なことになってしまいますよ!

そもそも、お腹周りにつく脂肪には2種類があります。1つ目は、女性に多い皮下脂肪、そして2つ目は男性に多い内臓脂肪

皮下脂肪は、プヨプヨしていてつかめるのが特徴で、内臓脂肪は表面ではなく、内臓に脂肪がついてしまうのが特徴です。

どちらも、簡単には落とせないように思えますが、実はお腹周りの脂肪って他の部分に比べて脂肪がつきやすく、また、落としやすいんです。

ただし!やみくもにダイエットをしても効果はありません。正しいお肉の落とし方を実践することで、お腹周りの脂肪を落とすことができるんです。

今回は、男性、女性の共通の悩み『お腹のお肉』の落とし方についてお話しますね。

【スポンサードリンク】

お肉の落とし方 3つのポイント

お腹のお肉を落とす方法は、3つのポイントからなっています。さっそく見ていきましょう。

  • ポイント1 食事
  • ポイント2 運動
  • ポイント3 生活

この3つのことを少し工夫するだけで、お腹のお肉が落ちるんです。

それでは詳しく見ていきましょう。

ポイント1 食事

みなさんは、日々どのような食事をとっていますか?ここでは、お腹のお肉を落とすためにおすすめなことをご紹介します。参考にしてみてくださいね^^

『朝は沢山・昼はまあまあ・夜はちょっぴり』ルール

1日のエネルギー消費量は、朝が1番多く、夜にかけて減少します。なので、夜にたくさん食べてしまうと、エネルギーの消費量が低いため、消費できず、脂肪になってしまいます。

このため、朝は沢山食べて夜は少ない量を食べるよう心がけましょう。

そして、脂肪を燃焼させるために、筋肉をつけなければなりません。筋肉には、脂肪を燃焼させる力がありますからね^^

筋肉を作るためには、タンパク質を意識して摂取するようにしましょう。ただ、タンパク質を摂るときは、お肉よりも、大豆や卵など、脂質を控えられる食材を食べるようにすることをおススメします。

【スポンサードリンク】

ポイント2 運動

お腹周りのお肉を落とすときに大切な動き、それは、『ねじる』ことです。運動の中にねじる動きを取り入れると効果アップですよ!
ただ、あまりハードな運動にチャレンジすると長続きしないので、無理なくできる運動をとりいれましょう。

  • ウォーキング
  • ストレッチ
  • 腹筋

ウォーキング

散歩でも通勤でも、お買い物でも、どんなときでもできる運動ですよね。いつもはエスカレーターを利用しているけど今日は階段をつかおうなんて程度のことからで十分です。『いつもより多く歩く』ことから始めてみましょう。歩きながら腰ねじりをすると、より効果的です。

ストレッチ

ストレッチは、テレビを見ながらでも、子供と遊びながらでもできる室内運動の代表ですよね。ストレッチのときには、腰をねじるだけではなく、下半身をしっかり伸ばしてあげましょう。下半身の血流がよくなることで、体が冷えにくく、お腹周りに脂肪がつきにくくなります。

腹筋

腹筋は、沢山やらなくていいです。大切なのは、回数ではなく、『時間』です。

腹筋は10回程度でよいです。お腹周りのお肉を撃退する腹筋の方法は次のとおりです。

  1. 仰向けになって寝る
  2. 膝を立てる
  3. 上体を起こす

(^^;)ン??

通常通りの腹筋と何がチガウの?と思った方、それではご説明します。

先ほどお話しした、腹筋は時間が大切というお話がキーポイント!

実は『普通の腹筋を時間かけてやる』これだけなんです。実際には腹筋の上体起こしのときに5~10秒程度の時間をかけてやるだけなんです。

疑問がたくさん残った人はいませんか?

・・・そんなときはぜひ実践してみてください。決して楽な腹筋ではありません^^;

ポイント3  生活

1日の生活を少しだけ見直してみましょう。

毎日体重計にのってみませんか?

体重は1日の中でも時間によって大きく変動します。

毎日同じ時間に体重計にのる習慣をつけるだけで、自分自身の意識を高めることができます。

お腹周りのダイエットに限らず、ダイエット中の常識ともいえる、毎日の体重測定、ぜひとりいれてみてくださいね^^♪

 

このように、お腹周りのお肉を落とすためには、『食事』『運動』『生活』に少しの工夫が必要です。

冒頭でもお話ししましたが、お腹周りは、お肉がつきやすく、ダイエットをすることで、お肉が落ちやすい部位でもあります。

長続きできるよう、無理をしないということを鉄則に、習慣として取り入れ実践してみるとよいでしょう。

【スポンサードリンク】