%e7%84%a1%e9%a1%8c2みなさんは、飲み会などでどのようなお酒を飲みますか?お酒を飲む男子からすると、お酒を飲まない女子より、楽しくお酒を飲める女子の方が好感度がアップするようです。

普段あまりお酒を飲むことがない女の子も、お酒にチャレンジしてみるのもよいかもしれませんよね。でも、実際にお酒って色々な種類があるし、それぞれのお酒によって度数も違ってどんなお酒を飲んだらよいのか、迷ってしまう人も多いことでしょう。

それに、せっかく楽しいお酒の席で、うっかり度数の強いお酒を飲んでしまったために、ひどく酔っ払って失敗しまうなんてこともないとはいいきれません。

お酒の度数に負けず楽しく飲みながら、女子力をアップさせることができればこの上ないことではないでしょうか。

そんな普段あまりお酒を飲まない女子におすすめなお話。今回は、お酒の種類と度数、そして女子力をあげる、度数に負けない飲み方についてお話したいと思います。

【スポンサードリンク】

お酒の種類と度数

楽しいお酒の飲み方を知るために、まずはお酒の種類とそれぞれの度数についてみていきましょう。

飲み会でどんなお酒を飲むかというときの参考にしてみてくださいね!

  1. ビール・・・4~6度
  2. 梅酒・・・8~15度
  3. 日本酒・・・15~16度
  4. ワイン・・・10~15度
  5. シャンパン・・・10~12度
  6. あんず酒・・・14度
  7. 焼酎・・・25度
  8. ウイスキー・・・38~42度
  9. ブランデー・・・38~42度

こうしてみて見ると、本当にお酒の種類によって度数が全然違うんですね^^

 

では、『お酒の割り方での度数』についてみていきましょう。ここでは、アルコール度数の高い順にご紹介していきます。

  1. ストレート・・・お酒を原液のまま飲むこと
  2. ロック(オン・ザ・ロック)・・・お酒に氷だけ入れて飲むこと
  3. お湯割りor水割り・・・お酒にお湯、または氷水で割って飲むこと
  4. ソーダ、ジュース割り・・・お酒をソーダやジュースで割って飲むこと

お酒にはいろいろな種類があり、お酒によって度数が違いますが、度数の強いお酒でも、何かと割って飲むことで度数が低くなり、飲みやすくなります

お酒を飲みなれていない女の子は、度数を見たり、割っているお酒を選ぶとよいでしょう。

レディーキラー~(=^‥^A 度数の高いお酒

女の子酔っぱらわせるために、男の人が薦めることが多い度数の高いお酒、別名レディーキラー。

お酒に弱い女の子は、安易に手を出さないほうが良いので、上手にかわしましょう。

見分ける例としては、度数の高いお酒のほとんどが、ショートグラスで出されることが多く、そのお酒は、『ジン・ウォッカ・テキーラ・ラム』などがあります。

うっかり手をだして、お酒に飲まれてしまわないように頭の片隅においておいてくださいね!

【スポンサードリンク】

度数に負けない飲み方

さて、お酒の種類やそれそれの度数がわかったところで、ここからが本題。楽しいお酒の席で酔っぱらって飲み会を台無しにしまわないように、『度数に負けない飲み方』をについてお話します。

自分に合ったお酒

まずは自分に合ったお酒を見つけることが大切です。あまりお酒を飲まない人は、自宅で度数の低いものからチャレンジしてみることをおススメします。お酒にもいろいろな味や濃さがあるので、おいしいと感じられるものを見つけましょう。

空腹厳禁

お酒を飲む前には、必ず食べ物を食べ、胃が空っぽのままお酒を飲むことは避けましょう。胃が空っぽのままというのは、非常に酔いやすい状態です。飲み会前に、軽く食事をとることがおススメです。

つまみで肝臓を働かせよう

実は、お酒の席ででてくるつまみには、肝臓の働きを活発にする成分が含まれている食べ物が多いんです。

肝臓を活発にする成分は、主にタンパク質に含まれています。なので、おつまみの代表である枝豆は、うってるけの食べ物なんです。他にも、焼き鳥、刺身、卵料理もタンパク質をとることができるので、おいしくいただきましょう。

ちゃんぽんは酔っ払い街道まっしぐら

色々な種類のお酒を飲むことを『ちゃんぽんする』といいますが、この行為、酔っ払い街道まっしぐらです(笑)

お酒の種類を変えることで、舌がリセットされたくさん飲めるようになってしまいます。そのため、知らないうちに適量を超えてしまうほど飲んでしまうこともあるんです。

お酒に慣れていないうちは、自分のペースを崩してしまわないよう、ちゃんぽんをすることは避けた方がよいでしょう。

 

このように、お酒には、それぞれの種類に合った度数があり、割ることで度数の高いお酒も、飲みやすくなります。そして、お酒を飲む前や飲んでいるときに、酔いにくいようにする対策をすることもできます。

飲み会などで、楽しくお酒を飲みつつ、女子力をアップするためには、『お酒に飲まれない』ことが第一条件!

ここでお話したことを、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【スポンサードリンク】