押印押印と捺印って聞いたことありませんか?新生活を始めるときや、新学期、さまざまな契約書や書類にでてくる『押印してください』『捺印お願いします』の言葉。

実は押印と捺印の意味や違いをわからずにハンコを押している方も多いようです。

契約書などにハンコを押すとき、押印と捺印の違いがわからず、もう一度書類の書き直しになったなんてことにならないようにしたいですよね。

また、契約書を作成する側でも、書類の重要性によって、押印・捺印を使い分けていかなければ大変なことになってしまいます。

今回は、『押印と捺印の意味や違い、契約書上での効力について』整理してみました。

これを読めば、契約書を交わすとき、または契約書を用意するときにも安心です。

【スポンサードリンク】

押印と捺印

結論から言うと、押印・捺印は『ハンコを押す』という意味で、双方に大きな違いはありません。違いを説明するとしたならば、契約書上の効力の違いがあるということでしょう。

では、押印・捺印は契約書上でどのような効力の違いがあるのでしょうか。

まずは、押印・捺印の違いを詳しくみていきましょう。

押印(おういん)とは

押印は、『記名押印(きめいおういん)』といいます。

記名とは名前を書くことで、代筆が可能です。なので、代筆可能ということは、ゴム印、パソコンでの記名も可能となります。

病院からの診断書、会社内の書類、学校内の書類、役所からの書類などはこういったものが多く、パソコンで作成した書類だったり、ゴム印が押してあったりしますよね。

つまり、押印は記名(本人以外が書いてもOK)してハンコを押すことになります。

捺印(なついん)とは

捺印は、『署名捺印(しょめいなついん)』といいます。

署名とは、本人直筆で名前を書くことで、一切の代筆は不可となります。

署名捺印の書類の代表といえば、不動産関係の契約書類や保険請求、遺産相続などの書類です。

重要性が高い書類ほど、本人直筆でハンコを押すといった印象ですね。

つまり、捺印は署名(本人直筆)してハンコを押すことを表します。

このように、押印(記名押印)と捺印(署名捺印)は『名前を書いてハンコを押す』ということは同じですが、名前を書く人が『本人限定』なのか『本人または、代理人可能』なのかで違いがあるということになります。

【スポンサードリンク】

契約書上の効果

では、署名捺印、記名押印は契約書上でどのような有効性をもっているのでしょうか。

署名捺印>署名>記名押印>記名

上記のような有効関係があります。

署名は記名押印とほぼ同等の扱いが法律上で認められています。

でも、日本では署名だけで重要な契約書の有効性が認められることはほとんどないので、署名が必要な書類を作成する場合には捺印もしてもらうほうがよいでしょう。

押印、捺印は慎重に

昔から『簡単にハンコを押すな』といいますが、簡単に署名をすることも気をつけなければならないことなんです。

名前を書いてハンコを押す行為である、押印(記名押印)、捺印(署名捺印)は同じ行動ですが、その有効性には順番があり、意味があるのです。

しかしながら、名前を書いてハンコを押すという行為は有効性の順番があるものの、決して安易に行うものではありません。

しっかり、書類の内容に目を通してから、押印、捺印をおさなければなりませんね。

この機会に、押印(記名押印)、捺印(署名捺印)の意味と効力をしっかりおさえておきましょう。

【スポンサードリンク】