無題初めての出産・育児は不安が沢山ありますよね。育児中のお母さんたちからよく聞く不安の声の1つが『赤ちゃんの便秘』

1歳までの赤ちゃんは、自分の体に起きている不調をお母さんに伝えることができませんよね。便秘が原因となった時の赤ちゃんの様子と、便秘の解消をお伝えします。

実は、赤ちゃんの便秘には、砂糖水が効果的といわれています。『砂糖水?!』と驚かれる方もいますよね。

赤ちゃんの便秘は、大人の便秘とは違うので、簡単なことで解消できることも多いんですよ。

今回は、『赤ちゃんの便秘の原因や様子、砂糖水で便秘を解消する方法』についてまとめました。

【スポンサードリンク】

赤ちゃんの便秘

赤ちゃんの便秘の主な原因として考えられるのは次の通りです。

  • 新生児期の成長によるもの
  • からだのはたらきが未熟なため
  • 離乳食によるもの

新生児期の成長によるもの

新生児期の赤ちゃんはめざましく成長していきます。その成長に伴い、便を腸にためていけるようになってきます。そのことで、排便の間隔があいてきます。

つまり、排便ペースの変化ということですね。

からだのはたらきが未熟なため

日々成長していく赤ちゃんですが、まだまだ消化能力は低いもの。

小さいうちは母乳よりミルクの方が消化に時間がかかったり、腹筋がしっかりあるわけではないので、固めの便だと押し出せなかったりします

離乳食によるもの

前項に通ずるものがありますが、消化機能がまだまだ未熟なときに、ミルクや母乳に比べて水分量の少ない離乳食を食べだすと、便秘になりやすい傾向があります。

便秘の症状

便秘になってしまったとき、赤ちゃんはどのような症状になるのでしょうか。次のような様子がみられることが多いです。

  • 3~5日便が出ない
  • ミルクやごはんをたべたがらない
  • ミルクやごはんを食べても吐いてしまう
  • 機嫌が悪い
  • お腹が張っている

上記の様子がみられたら、しっかり観察しなければなりません。ただ、排便のリズムは人それぞれなので、1日排便しないと機嫌が悪い子もいれば、2日排便がなくても元気な子もいます。

日々の排便ペースを知っておき、そこからペースが乱れていないかみていくことが大切です。

【スポンサードリンク】

便秘の強い味方『砂糖水』

前置きが長くなりましたが、赤ちゃんの便秘について理解したところで、便秘解消によく効くとされる『砂糖水』をご紹介いたします。

砂糖水のはたらき

砂糖水は便に浸透する力が大きいため、便をやわらかくします

押し出す力が弱い赤ちゃんには最適で、便をやわらかくすることで、排便をたすけることができます。

砂糖水の作り方

砂糖水は、水に対して5%の量の砂糖で作ります。

少し温かめ(60度程度)の白湯100mlに砂糖5gを混ぜて作りましょう。

砂糖水の与え方

砂糖水を急に沢山飲ませると、下痢になってしまうことがあるので、初めて飲ませるときは特に気をつけましょう。

最初は少しずつ口に含ませるほうがよいですね。徐々に飲ませる量を調整していきましょう。

飲める様になっても、飲ませすぎはいけませんので、1回に50ml未満を数回に分けて飲ませることが理想です。

哺乳瓶でのませたり、小さいうちはスプーンで口に含ませてもよいですね。

オリゴ糖もおススメ

砂糖のかわりにオリゴ糖を使うのもよいでしょう。

その際には純度が100%のオリゴ糖を使いましょう。

オリゴ糖は天然成分なので赤ちゃんにも安心して使えます。

合わせてマッサージ

砂糖水を飲ませることと合わせてお腹を優しくマッサージしてあげるのも効果的です。

予防で砂糖水もOK

便秘をしやすい赤ちゃんは便秘にならないように日常的に砂糖水をのませてあげてもよいでしょう。

体が成長していくと自然と排便リズムがととのってくるものです。それまでの手助けとして、砂糖水で便をやわらかくしてあげるとよいですね。

じっくり観察が大切

最後になりますが、赤ちゃんの便秘に早く気づいてあげられるよう、日々の排便リズムをしっかり観察しましょう。

そして、便秘になってしまう前に対策をとると、赤ちゃんもつらい思いをしませんよね。

大人でもつらい便秘からあかちゃんを守りましょうね。

【スポンサードリンク】