生理今現在、あなたのお口の中の状態は良好ですか?

お口の中は、雑菌や、バイ菌が、繁殖しやすい場所として知られていますね。

痛いできものや、痛くないできものができてはいませんか?

お口の中に出来るできものは、体の不調のサインとして現れる場合があります。

敏感に感じやすい口の中の場所だけではなく、舌の裏側の奥の付け根周辺にも、できものが出来たりも!!

『今回は、お口の中の健康について、舌の奥の付け根辺りに出来るできものについてのお話です。』

 

 

【スポンサードリンク】

痛い?痛くない?舌の奥の付け根辺りに出来たできものは、病院を受診するべき!?

同じ舌の奥の付け根周辺に出来たできものでも、痛いできものと、痛くないできものがあったり、病院へ受診するべきできものと、病院へ受診しなくても自然に治るできものがあります。

何故できものが出来るのでしょうか?その原因は??

病院へ受診するタイミングは、何時が良いのでしょうか??

①舌の奥の付け根に、できものが出来る考えられる原因

外部からの刺激

口の中は、舌の奥に関わらず、強く噛んでしまうと、噛み跡がついて傷になり、そこからバイ菌が侵入してしまうと、菌が繁殖して、噛み跡が腫れたり、痛いできものになってしまうことが・・・

できものには、痛みを伴うできものと、痛くないできものがありますが、口の中の傷は、治りやすい反面、悪化してしまうと、病院での治療が必要になる場合も・・・

また、歯並びや、虫歯の治療などで、同じ部位が頻繁に当たり、刺激を受けていると、できものが出来たり、化膿したり、その状態が悪化すると、舌癌になってしまう危険があります。

唾液が少ない

唾液を分泌することで、口の中は、衛生的に保たれているため、口の中が乾燥してしまう状態が続けば、口の中の粘膜が、保護されなくなり雑菌が増えて、できものが出来ることに繋がってしまいます。

口の中の乾燥の原因には、病気にかかりその治療のために処方された薬の影響から、唾液の分泌が減少してしまったり、日常の生活習慣で、口呼吸をしていることで口の中が普段から乾いている状態になっていることなどが考えられます。

体の不調

体の抵抗力が、弱まりウイルスなどが侵入することによって免疫力が低下していたり、内臓などの弱った身体の部位からの危険を知らせる信号として、口の中にできものが現れる場合もあります。

【スポンサードリンク】

舌の奥の付け根のできもの病院へ受診するタイミング

広く一般的に、口の中のできものは、口内炎と呼ばれていますが、そのできものによって疾患名は、色々とあります。

しかし自己判断はよくありません。

ほとんどの場合の口内炎は、1~2週間ほどで自然に治ってしまいますが、それ以上治らなかったり、治っても、また同じ場所に繰り返し、繰り返し現れたり、治らずに出血したり、腫れが増して来たり、数が増えたりする場合は、病院へ受診して、診断を聞くことが大切です。

病院で、正しい診断を受けて、適切な治療を開始することは、大切なことです。

病院は、何科を選ぶべきか?

口腔外科、耳鼻咽喉科、歯科、皮膚科などを選んで受診するのがおすすめです。

受診する時には、できものができた日にち、痛みのあるなし、どのような時に痛いのか?

できものができてからの、できものの状態の変化、体調不良などについて話せるようにしておく。

最後に

あなたの体に起きる変化は、あなた自身にしかわからないことが沢山あるはずですね。

忙しい日常においても、体調の変化にも気を配り、何時もの状態との違いや、異変を察知し、体調の変化を言葉にして伝えられるようにしておけば、病院へ受診した時に、病気の正しい診断にも役立ちます。

何より、自分自身で、自分の体の状態を自己管理して生活できれば、健康維持にも役立ちます。

【スポンサードリンク】