妊婦産婦人科でも積極的に取り入れられている妊婦さん達の運動。

マタニティビクスや、マタニティヨガなど。

リラックス効果の高い妊婦アロマなどもありますね。

産婦人科の病院内にて、指導してもらえる安心感もあり、参加希望者は多いです。

私の出産した産院にも、マタニティヨガはありました。

助産師さんや、看護師さんの指導を受けて、妊娠期間中、安心して何度も、参加しました。

そこで、今回は、『妊婦さん達の足、腹筋、腕など、いつから運動や、簡単な筋トレを始めれば良いのか?』と、言ったお話しです。

【スポンサードリンク】

 

妊婦さんの運動、軽めの筋トレいつから始める?

妊娠初期の終わり妊娠4カ月頃から、もしくは、安定期と言われる妊娠5ヶ月頃から始めます。

必ず悪阻が落ち着いてから、医師または助産師に胎児と、あなたの健康状態を判断してもらいます。

医師や、助産師から、運動、軽めの筋トレの開始の許可をもらってから始める。

妊娠は、病気ではない。と、言われますが、胎児とあなたの状態次第では、二人の生命が奪われてしまいます。

体を維持する為の運動や、筋トレで、生命の危機にさらされてしまわないように、医師や、助産師の許可を待ち、許可がおりても・・・

➀体調の優れない時には取り止める。

➁お腹が張ったり、動悸が激しくなってきたら止める。

➂無理をしない。

以上のような注意点をま守り、もしも、小さな異常でも、あなたが感じたなら医師の診察を必ず受けて下さい。

運動、軽めの筋トレ効果

運動、軽めの筋トレをすると・・・

➀心身がリフレッシュ

➁便秘の改善

➂体を温める

④体重の増えすぎストップ

⑤出産に備えた体力作り

⑥産後の早期回復

など期待できます。

出産について

私は、子供を産んだ経験あり。

三人目の出産後に、両腕と、両足、特に足の太ももに筋肉痛のような強い痛みを感じました。

産院の先生に話すと、変な所に力が入ってしまいましたね。とニコッと言われ、湿布をもらいました。

湿布を貼り変えながら数日その痛みに耐えた経験から、出産に必要なのは腹筋だけでなく、腕や、足の筋トレも必要!!。

【スポンサードリンク】

妊娠中のヨガ

私も、妊娠中に参加したヨガ。

このヨガを気に入り、ビデオまで買ってしまいました。

ビデオって、(>_<)年代バレバレ??

ヨガは、スローテンポで、深呼吸をゆっくり繰り返しながら行います。

自分の状態に合わせて、無理をせずに、出来る範囲でと、言ってもらえました。

ヨガは、徐々に、体を柔らかくしていくような感じです。

体力に自信の無い方には、特にお勧めです。

妊娠中は、転けやすい⁉︎

妊娠中は、お腹が大きくなると、安定も悪くなり転んでしまうこともあります。

私も、妊娠中にゴミ出しや、坂道で転んで膝を擦りむいたりしました。

筋肉と、柔軟性は必要不可欠。

ウォーキング

医師や、助産師から運動の許可を得て、ご夫婦でウォーキングをすることを、お勧めします。

妊婦さん一人でのウォーキングでは、転倒や、体調の異変などの可能性もあります。

旦那様の健康維持も兼ねて、ぜひご夫婦一緒に、ウォーキングをお勧めします。

【スポンサードリンク】