脇腹時々痛みを感じる脇腹。左側が痛かったり右側が痛かったり、チクチク痛んだりズキズキ痛んだり、何かの病気のサインかなと心配することも多いですよね。

内臓の真横であるわき腹、左脇腹には左脇腹の特有の、右脇腹には右脇腹特有の、痛みに隠された病気があることをご存知ですか?

ここでは、『左脇腹に感じる痛みと右脇腹に感じる痛み、それぞれの痛みで考えられる症状や病気』についてお話します。

痛みを感じ、病院へ行くべきかと悩んだときの参考にしてみてください。

【スポンサードリンク】

左脇腹の痛み

左脇腹に痛みを感じるとき、考えられる原因は次の3つです。

  1. 筋肉疲労
  2. 内臓疾患
  3. 助間神経痛

筋肉疲労

次のようなことが原因で筋肉疲労を起こすことがあります。

  • 猫背
  • 足組み
  • デスクワーク
  • 急な運動

この場合は原因を排除し、体を休ませてあげることが1番です。(・o・)ゞ了解!

内臓疾患

左脇腹には、リンパ球・赤血球を作る脾臓、食べ物を消化するための膵臓や、ちょっと離れたところに胃があります。

考えられる病気は次の通りになっています。

1.チクチク痛む

  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • 急性膵炎

2.ズキズキ痛む

  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • 膵臓がん
  • 尿路結石
  • 婦人科系の病気

3.便秘や下痢を伴う痛み

  • 膵臓疾患

4.息を吸うと痛い

  • 助間神経痛

それぞれしっかり病院での治療が必要となります。

助間神経痛においては、ストレスが1番の原因となっていて、一時的に症状が治る場合がありますが、何度も痛みが起こったり、症状が改善されない期間が長く続いた場合には、病院へ行きましょう。

【スポンサードリンク】

右脇腹の痛み

右脇腹の痛みの原因は次の3つです。

  1. 筋肉疲労
  2. 便秘
  3. 病気

筋肉疲労

右脇腹の痛み同様、原因と思われるものを排除し、体を休ませましょう。

  • 猫背
  • 足組み
  • デスクワーク
  • 急な運動

 

便秘

右脇腹には、大腸・盲腸・腎臓・胆嚢・肝臓があります。

便秘による腸の不快症状が続き、脇腹痛につながることもあります。この場合も、原因となる便秘を解消することが必要になってきます。

内臓疾患

考えられる病気は次の通りです。

  • 胆石症
  • 腹膜炎
  • 尿路結石
  • 大腸がん
  • 肝臓がん
  • 腎臓がん

胆石症や腹膜炎による右脇腹の痛みは、最初右脇腹から、徐々に背中や全身へ広がっていくことが特徴です。

尿路結石はズキズキと強い痛みが起こることが特徴です。

右脇腹が長期間痛む場合には、がんを疑いましょう。

脇腹の痛み

左脇腹の痛みは、『筋肉疲労・内臓疾患・助監神経痛』が原因となっています。

また逆がわである右脇腹の痛みは、『筋肉疲労・便秘・内臓疾患』が原因となっています。

それぞれどちらの部位にどのような痛みを感じたのかを、しっかり観察し診察を受けるとよいでしょう。

脇腹の痛みを見てもらう病院は主に、内科となっていますが、女性の場合は、婦人科系の病気である可能性もあります。

痛む場所が、脇腹の下の部分である場合には、婦人科系の病気を疑ってみると良いでしょう。

どんな病気も放置しておくと、大変なことになるので早めに病院へ行くことをおすすめします!

“〆( ̄  ̄*)  メモメモ…

【スポンサードリンク】