ワキガ

『うちの子ってワキガ?』『親がワキガだと子供に遺伝するのかな』こういった悩みを持っている親御さん、多いのではないでしょうか。

大人になる前のワキガは特に思春期ころだと友人関係に響いてしまうことがあります。

こういったことで悩まないよう、対策をとっていきたいですよね。

ワキガは日々のお手入れでずいぶん症状を抑えることができるのです。

今回は、『ワキガとは?遺伝するのか、どんな対策があるのか』をまとめてみました。

【スポンサードリンク】

ワキガとは

ワキガは、特殊なニオイが脇からでてしまうことで知られていますよね。そのニオイがでる仕組みをご説明いたします。

アポクリン汗腺とよばれる汗腺が脇にあります。アポクリン汗腺の量は、生まれたときから数が決まっていて、このアポクリン汗腺からでる汗と常在菌が反応してワキガ独特のニオイを発生させます。

ワキガは遺伝する

結論から言えば、ワキガは遺伝します。それも高確率で遺伝する優性遺伝で、数字としては次のようになります。

遺伝の割合

  • 両親がワキガの場合、8割の子供がワキガを発症
  • 片親がワキガの場合、5割の子供がワキガを発症

数字でみると、かなりの確率でワキガが遺伝するといえますね。

発症は思春期以降

ワキガの原因というアポクリン汗腺の量は生まれたときから決まっていますが、ワキガを発症するのは思春期以降になります。

思春期とは難しい時期で、悲しいことに友人関係のトラブルにつながってしまうことがあるのも現実です。

【スポンサードリンク】

子供のワキガ対策

では、ワキガのニオイを軽減させる対処法はないのでしょうか。

手術の前に

ワキガのニオイを軽減させる方法として手術があります。アポクリン汗腺を取り除く手術で効果は高いのですが、思春期にはおすすめできません

手術でアポクリン汗腺を取り除いたところで、成長過程のため、またアポクリン汗腺が再生されてしまうことがあるからです。

手術をするのは成長が落ち着いた頃の方がよいとされています。

手術も1つの対策法にはなりますが、その前に日々のケアでずいぶん症状が軽減されることをご存知ですか?

次のところでみてみましょう。

日々のケアでワキガ対策

日々のワキガ対策でニオイをなくしましょう。

ワキガ対策ケアとしておすすめなのは次の通りです。

  1. 朝・晩に専用クリームをぬる
  2. こまめに汗はふきとる
  3. 通気性のよい衣服をきる
  4. 食事を見直す

朝・晩に専用クリームをぬる

ワキガ対策の専用クリームを朝晩に塗りましょう。

ワキガの原因となるニオイ菌を除去する効果があります。このクリームを朝晩に塗るとよいでしょう。

ワキガ対策の専用クリームは汗にも強いし、また、汗自体を抑える効果があるものもあります。

この方法を実践するだけで症状が大きく軽減されます。

こまめに汗はふきとる

専用クリームを塗っている場合にはふき取ってしまう可能性があるので、タオルを優しく当て汗を含ませる程度にするとよいでしょう。

また、専用クリームのない場合は、汗拭きシートなどを使いこまめに汗をふき取ることをおすすめいたします。

通気性のよい衣服をきる

通気性のよい衣服は、脇の風通しがよくなりますので、汗を必要以上にかかないためにおススメです。

ニオイを気にして、厚めの服を着てしまうと返ってこもって汗をかきやすくなってしまいます。

食事を見直す

食事を見直すことは大切なことです。油分を多く含む食品などを食べると皮脂の量が増えてしまいます。

なので、皮脂を減らすために、脂分の多い食品を控えつつ、バランスの良い食事を心がけましょう。

思春期に発症するためデリケートな問題に

ワキガは思春期に発症することはわかりましたよね。成長期に発症するということは、友人関係などを含めデリケートな問題になることが多いものです。

このワキガ対策は、専用クリームの使用や食事改善など、日々のケアで症状を抑えることができます。

成長期にあるため手術が困難であっても気を落とさずケアをしていってくださいね。

また、お子さん自身が気付いていない場合でも、お友達から言われるのはショックなものです。

親御さんが上手に誘導してあげられることが求められます。

【スポンサードリンク】