無題来ました!!同音異義語シリーズ化!!\((( ̄( ̄( ̄▽ ̄) ̄) ̄)))/ヤッター!!

パチパチパチパチパチパチパチパチパチ

同じ音で違う意味を持つ言葉、『同音異義語』

今回からシリーズ化して、度々記事にしていきたいと思いま~す!y(^ー^)yピース!

シリーズ化第1弾!『湧く』と『沸く』の違いについてお話しします。『湧くと沸く』、読み方は同じ『わく』ですが、意味・使い方には違いが出てきます。

今回は、『湧くと沸くの意味、そして、使い分けができるように例文で説明!』と思います。

それでは早速見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

湧く

意味を調べてみました。枠の意味は次の5つとなっています。

  1. 水などが地中から吹き出る
  2. 涙や汗が出る
  3. ある考えや感情が生まれる
  4. 虫などが一時的に発生する
  5. 物事が次々と起こる。

<goo国語辞書より>

かなり広い範囲で使えるこの『湧く』という字ですが、この意味を理解した上で例文を見ていきましょう。

湧くを使った例文

  1. 石油・温泉が湧く
  2. 悔し涙が湧く
  3. 疑問が湧く・勇気が湧く
  4. シラミが湧く
  5. 拍手が湧く・雲が湧く

・・・なるほど。φ(.. )メモシテオコウ

ざっくりと見ると、湧くというのは『湧き出る』というような感じで使っているようですね。

では次の沸くを見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

沸く

意味は次の通りです。

  1. 水が煮え立つ
  2. 感情が高ぶる
  3. 発酵する
  4. 水が激しくたぎり流れる
  5. 金属が熱されて溶ける

<goo国語辞書より>

沸くを使った例文

例文は次の通りです。

  1. 風呂が沸く
  2. 勝利に観客が沸く
  3. ぬかみそが沸く
  4. 川が沸き立つ

イメージとしては『激しく沸き立つ様子』が感じ取れますね。ものすごく熱く激しいイメージです。

 

このように、『湧く』と『沸く』をそれぞれ見てきましたが、同じ発音でも意味や使い方が違っているのが分かりますね。

最後にまとめると、『湧く』が地面から湧き出たり、心の中から体の中から湧き出てくる気持ちや感情を指しています。

一方で、こちらの『沸く』という字は、熱を持ったような、激しく沸き立つ様子で使い分けられています。

このようにして『湧く』と『沸く』の意味を押さえた上で、上手に使い分けて素敵な大人になって下さいね。

同音異義語、使い分けができると人としての評価が1ポイントあがりますよ!

:*.;”.*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.”;.*: ワーイ♪:*.;”.*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.”;.*: ワーイ♪

【スポンサードリンク】