水分補給お酒をお飲みになりますか?

お酒は、お好きですか??

人によってお酒を飲めば・・・

①・・・いつの間にか顔が熱くなってきたり、胃がムカムカしてきたり、帰宅後も眠れない頭痛に悩まされる人

②・・・二日酔いと言われる、お酒を飲んだ日の翌日に、胃がムカムカしたり、酷い頭痛に悩まされる人

今回は、この①の症状について、お酒を飲むことにより、引き起こされる眠れない程の頭痛の原因と、治す方法、対策についてのお話です。

【スポンサードリンク】

お酒による眠れない程の頭痛の原因

人間の体は、とても不思議。

体は、体の中に入ってきた物質に対して、体に必要か?、必要ないのか?判断しています。

そして、必要ではないと判断すると、人間の体の中では、その原因に対して、体が拒絶反応を示し、体を守ろう、元の状態に戻そうと頑張ります。

人間の体は、この仕組みによって守られています。

この仕組みが正しく機能していないと、傷がなかなか治らなかったり、アレルギー反応などを起こしてしまうことに!!

そうそして、この仕組みは、お酒に含まれるアルコールに対しても起こっています。

アルコールが、体の中で分解される時に、アセトアルデヒドと言う毒物を体内で発生させます。

アルコール分解時に出来る毒物(アセトアルデヒド)が体内にあると、この毒物から体を守るために、毒物を早く体から追い出そう、元の状態に戻そうと頑張ります。

この時、血管が拡張、神経に当たると、頭が痛いと感じる。

①上手に、アルコール分解時の毒物(アセトアルデヒド)から体が守れていると、お酒に強いと言われる、お酒を飲んでもなかなか酔わない人

②アルコール分解時の毒物(アセトアルデヒド)から体を守るのに時間のかかってしまう方が、お酒に弱いと言われる、お酒に酔いやすい人

に、判別される!!

眠れない程の頭痛の治し方

①水分補給

ビールは、トイレの回数を増やします。そして流れ出た水分を補充しないと体の中の水分を失いそれは、頭痛の原因にも。

失われた水分補給は、水やお茶、白湯などで補う。(アルコールは、水に溶ける。アルコールの分解には、飲酒した量の水分が必要)

②冷やす

飲酒により、拡張させられた血管を収縮させると、痛みが和らぎます。

③カフェイン

痛くて眠れないときに、コーヒー

痛みがあるのに、寝ようとすると、余計に痛くなることも、コーヒーが、拡張した血の収縮に役立つことも。

【スポンサードリンク】

 

お酒に酔いやすい人の症状

①主な飲酒による症状

頬が赤くなる

愉快な気分になって来る

脈が速くなり、体温上昇

席を立とうとして、よろける

繰り返し同じ話をする

胃がムカムカしてくる。

頭痛

意識混濁

寝てしまう

最悪命を奪われてしまう

初めて飲酒される時には、飲酒することによりあなたが、どのような反応を示すタイプなのか?は、未知数!!

特に注意する!!最初の頬が赤くなる時、顔がやけに熱いなと、自己判断できるはず!!このタイミングで、最初は、飲みやめて😱

周囲の方も、初飲みの方の顔が赤いと感じたら、お酌するのを止めてあげて下さい🙏お願いします。

お酒に弱い方だと、飲酒からそう時間も経過していないのに頭痛を起こしてしまいます。

また、普段お酒の強い人であっても、その日の体調の変化や、楽しくお酒をグイグイ早いペースで沢山飲んでしまうのは、悪酔い状態となる原因になりとても危険✖ダメ!!

対策

飲む前にしておく、アルコールの吸収を遅らせる対策

①食事や、おつまみを食べてから飲酒

空腹時の飲酒は、アルコールの吸収を急がせ、アルコールを分解する肝臓に負担をかけます。

肝臓は、アルコールが体内から綺麗に無くなるまで頑張り続けます。

ですから、取り敢えずビールが来たら、乾杯して飲酒してから食事は✖ダメ!!

あなたの肝臓に、試練を与えすぎ!!

酔いにくく、体を守るのなら、食事→水分(アルコール飲料、炭酸飲料✖)→おつまみ→飲酒

お店によっては、席に着いた時、先に、枝豆や、ナッツ類、などの前菜的な食べ物を用意してくれていますね。

これは、胃を空っぽにして飲酒にこられた方々の体を守る役目を果たしてくれます。

枝豆 肝臓の負担を軽減

ナッツ類 血中アルコール濃度の軽減

水 アルコールの分解には、飲酒量と同等の水分が必要

注意:水分を取るためと、アルコール飲料や、炭酸水は、頭痛などの症状を悪化させてしまうのでダメです✖

水やお茶、スープ、汁ものなどを活用して水分補給を!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【スポンサードリンク】