主婦神秘的な女性の体は、ホルモンのバランスによって、ほぼ一か月の間に、排卵日、高温期、低温期開始生理、生理後も低温期、排卵日と、この周期を繰り返しています。

この周期は、女性一人、一人違います。

あなたの周期を正しく知るためには、基礎体温を測り、数値を記録してみなければわからないのです。

最低でも三か月以上記録してから、見比べてみると、よくわかります。

『今回は、基礎体温二度寝しても測れる??体温の下がる日、37度まで上がる日、もしかして、基礎体温37度を持続してると妊娠!?なのか?についてのお話です。』

【スポンサードリンク】

基礎体温、二度寝しても測れる??

注意点を守れているなら測れます!

注意点:目が覚めてから一度も寝床から起き上がらずに、次の眠り入ってから目覚めた時なら測定OK

動いてしまうと、直ぐに基礎体温が上昇してしまう。

基礎体温は、目覚めた直後、寝床から起き上がらずに、測定しなくてはいけません。

ですから基礎体温計は、寝床の中から手の届く範囲に置いて就寝。

基礎体温測定準備物

①婦人体温計

②記録できる物品

婦人体温計は、口腔内体温計の一つです。

婦人体温計は、舌の裏側に挟み、舌を動かさずに五分間測定します。

メーカーにより、計測時間に違いあり。

測定の仕方は、ご購入の際に、再度ご確認して、正しくご使用ください。

測り終えたら記録

記録は、記録紙の他に、婦人体温計の中に組み込まれ自動記録出来る物や、携帯のアプリなども。

【スポンサードリンク】

基礎体温表の見方

排卵日・・・見つけやすい排卵日は、基礎体温が、低温期の体温よりも下がる日です。

最も妊娠しやすい日・・・ 排卵日を挟んだ前後数日を、最も妊娠しやすい日であると言われています。

排卵日から体温は徐々に上がり、高温期へ、高温期から、体温が下がり、低温期へ入ると、生理になり、生理が終わると、卵子の一つは、排卵への準備期間に入り、その後低温期よりも体温が下がる日に、排卵し、この日を排卵日と言います。

女性の体の中では、これらのことを、繰り返し、繰り返し行われています。

基礎体温が、37℃まで上がると妊娠!?

妊娠すると、基礎体温の高温期が持続した状態になります。

ですが、基礎体温37℃を排卵日前後からずっと持続しているからと言って、必ずしも妊娠だとは、言えないです。

風邪など、発熱を伴うその他の病気の可能性があるからです。

妊娠したかも??と、思って、直ぐに市販薬を買って試しても、例えその時、妊娠していたとしても、妊娠判定には現れてくれません。

次回の生理予定の1週間を過ぎた頃に、検査薬。

確実なのは、やはり産婦人科を受診すること!!

妊娠していた場合

妊娠発覚の前の生理開始日が、妊娠0週0日として計算されます。

ドラマだと、エッチした日との計算が合わない、おかしくない??って、台詞よくありますよね?そう、計算が合わなくて当然なんです!エッチした日が、妊娠した日だと、数えられていないからです。

パートナーから、なんかおかしくないか??と、指摘されたらきちんと説明できますね。

出産予定日は、この日から数えて40週目0日

40週×7日=280日

生理開始日0日として数え、その280日後が、出産予定日だと計算されます。

人生初の生理を迎え、保護者から、生理日を記録しておくように!!と、言われた方も多いはずです。

きちんと記録しましょう。

女性の体調不良は、妊娠を疑え!?

妊娠の可能性のある女性が、体調不良を訴えた場合には、妊娠していないか?確認しておくことは重要なことです。

生理の始まっている女の子でも可能性はあります。

病院を受診した際に、問診のアンケート用紙にも必ず、妊娠していないかの質問事項がありますね。

妊娠によって、医療行為に違いがあります。

妊娠しているか、どうか、まだわからない段階での受診の場合にも、妊娠している可能性がある場合には、医師にきちんと話して下さい。

 

 

 

 

 

【スポンサードリンク】