%e7%84%a1%e9%a1%8cみなさんは、ワイシャツのアイロンがけどうしていますか?クリーニングに出してしまうという方も多いのではないでしょうか。でも毎日着るワイシャツをクリーニングに出しているというのも、出費が馬鹿になりませんよね。実は、ワイシャツのアイロンがけって家庭でも簡単にできるということをご存知ですか?

最近では、家庭でできるワイシャツアイロンのかけ方が、動画でたくさんの紹介されています。

ここでは、『ワイシャツのアイロンのかけ方、簡単にかける方法を動画と合わせてご紹介』します。(*`▼´*)b オッケィ♪ 

【スポンサードリンク】

上手にアイロンをかける ポイント3つ

上手にアイロンをかけるために、ちょっとしたコツを3つご紹介します。

  1. まっすぐ
  2. 左手で縫い目を引く
  3. アイロンの先を少し浮かす

まっすぐ

アイロンをかけるときの最大のポイントでもあるのが、『まっすぐにアイロンをかける』ということなんです。ジグザグにアイロンかけてしまうとしわがつきやすいので、アイロンの基本の動きである『滑らかに・滑らすように・真っ直ぐかける』ということを実践するとよいでしょう。

左手で縫い目を引く

アイロンをかける時の左手の動きは、基本的に『アイロンの誘導』です。滑らかにアイロンがかけられるよう、縫い目を引っ張ったり、進行方向にある生地を伸ばしたりします。左手の動きについては、慣れなので、何回もアイロンかけているとスムーズにできるようになりますよ!

アイロンの先を少し浮かす

アイロンは基本的に、アイロンの腹でプレスします。なので、アイロンの腹に力を入れると自然とアイロンの先が少し浮きますよね。このようにして、アイロンの先ではなくアイロンの腹に力を入れることによって、アイロンの先がすこし浮くようになります。

【スポンサードリンク】

ワイシャツのアイロンをかけてみよう

それでは、早速ワイシャツのアイロンをかけていきましょう。みなさんも、家庭でワイシャツのアイロンをかける時の参考にしてくださいね。

ワイシャツのアイロンをかける前に、まずワイシャツ全体を霧吹きで湿らせましょうアイロンをかけながら乾かしていくという程度の湿り気で十分です。

ワイシャツ全体を湿らせたら、いよいよアイロンがけです。

順番は人それぞれですが、今回は次の工程で、アイロンがけの方法をご紹介します。最後に youtube 動画も載せますので参考にしてくださいね。

ワイシャツのアイロンをかける工程は次の通りです。

  1. 前身頃
  2. 背中
  3. 仕上げ

まずは襟からアイロンをかけます。襟のシワをしっかり伸ばしたい場合には、両面からかけましょう。

前身頃

次に、左右の前身頃をアイロンがけします。しっかり直線にアイロン滑らせ全体のシワを取りましょう。

前身頃のアイロンがけが終わったら次は左右の袖をかけます。

袖をアイロンがけするときには、まず袖先からかけ始めましょう。タグをアイロンがけしたあと、カウスを内側からしっかりプレスしましょう。

袖先のアイロンが終わったら、次は袖全体のアイロンがけです。

袖の下がわ、縫い目の方から袖の上に向かって、アイロンをかけます。縫い目から上の方にアイロン滑らせれば、袖上の折り目が自然としっかりします。

背中

前身頃・袖のアイロンがけが終わったら、次は背中全体をかけていきます。前身頃をしっかり開いた状態にして裾から、襟の方に向かって全体をアイロンがけしていきましょう。

全体をアイロンがけし終わったら、背中の縫い目を立てて折り込み、上からプレスします。

仕上げ

最後に、襟を立てるようにして折り、第3ボタンと1番下のボタンを留めましょう

そして全体を軽く仕上げプレスです。

アイロンをかけ終わったら、ハンガーにかけると良いでしょう。

 

ここまでご紹介したワイシャツのアイロンがけの方法についての動画をアップしますので見てみてくださいね。

↓↓↓\(*^▽^*)/\(*^▽^*)/\(*^▽^*)/↓↓↓

 

このように、ワイシャツは家庭でも簡単にアイロンをかけることができます。毎月のクリーニング代節約のために、ワイシャツのアイロンがけ、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

【スポンサードリンク】