お金みなさんは貯金をしていますか?

よくテレビでやっている貯金額というのは結構な数字で、『うちはまだ貯金してないわ』とか『そんなに貯金してるのか』と不安になる人も多いのではないでしょうか。

それぞれの年代や収入の金額によって、また、結婚・離婚などの条件によっても貯金できる金額、必要な貯金額が大きく変わってきますよね。

なかでも30代夫婦には、結婚したり子供が出来たり、また将来、大学や就職など子供にかかるお金の準備と環境が変わる時期ではありませんか?

今日は、『30代夫婦の、必要な貯金額や正しい貯蓄方法』をご紹介いたします。

貯蓄がまだできていないご夫婦も、貯蓄を増やしたいと考えているご夫婦も今がチャンスですよ!

生計を建て直しましょう!

【スポンサードリンク】

理想の貯金額

30代夫婦の理想の貯金額とはいったいいくらなんでしょうか。

同じ30代でもその環境によって貯金できる環境が変わってきます。

例えば、それぞれの収入額、子供がいる・いないとか、もし子供がいてもその年齢によって、毎月いくら貯金できるかが変わってきます。

今回は年収ごとに理想とされる貯金額を見て行きましょう。

  • 年収150万から200万 20万から35万
  • 年収300万から400万 40万から65万
  • 年収500万から600万 70万から100万
  • 年収700万以上    100万以上

このようにそれぞれの年収に合わせた理想の貯金額があります。

もちろん環境によって貯金できる金額は決まってきますが、理想の貯金額に少しでも近づけていきたいですね

30代夫婦の貯金はとても大変

共働きであっても30代が貯金をするのはとても大変です。

それは、子供がいる場合において子供の教育費、子供がいない場合でも住宅ローンなど支払いがたくさんあるからです。

そんな様々な環境の中で、一生懸命貯金をすることの目的は何でしょうか。

貯金の目的

  • 子供の教育費
  • 子供の結婚
  • 老後の生活

上記のように、子供の将来のため、または、自分たちの将来の生活のため、蓄えて備えておくことを貯金の目的としている人が多いようです。

【スポンサードリンク】

預金管理を正しくしよう

預金管理のポイントは二つです。

  1. 毎月貯金
  2. 口座は限定

毎月貯金

毎月貯金するために、家計をしっかり建て直しましょう

第一条件に、月々の収入の範囲内で生活をすることが大切です。

限られた収入金額の中で生活ができるようになったら、今度は不要な出費をなくしていきましょう。

そして最終的には、毎月の収入の中から貯金をしていく状態を作りましょう。

口座は限定

預金管理をするために口座は、必要最低限の数におさめましょう。

大まかに3つあれば十分だと思います。

  1. メイン口座
  2. 臨時口座
  3. 貯金口座

メイン口座

引き落としなどの毎月使うお金を借りします。主に生活費がメインとなっている口座です。

臨時口座

冠婚葬祭など急な出費に対応するための口座です。

冠婚葬祭は突然来るものです。余裕をもって対応できる管理が必要になります。

貯金口座

貯金をするための口座です。絶対に使う予定はありません

定期預金なども良いかもしれません。

目標金額を決めそこに達成するまでは絶対に手をつけないようにする強い心が必要です。

しっかり貯金をしてゆとりのある生活を

30代はとても忙しいです。

お仕事はバリバリ現役、さらに結婚や出産、育児に追われる方も多く、お金もかかるため貯金も難しいです。

そのような環境でも、工夫して貯金できると良いですよね。

少しの貯金があれば、心に余裕がうまれます。

30代は、毎日の生活を見直すチャンスかもしれません。

ぜひ今の生活を見つめ直してみて下さい。

【スポンサードリンク】